忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10 2005 / 10
帯揚げの目隠しを外すことは許されませんでした 視界を奪われたまま触覚に対する反応を数倍に高められたままで運転手の口戯は続けられたのです
 
足にそれも指の一本一本にまで性感帯があるとは思ってもみませんでした
「はぁぁ・・・やめ・・て・・」 運転手は手にした右足の親指を口に含み まるでフェラチオをするように唇で締め付けながら舌を這わせるのです 
爪の付け根の薄い皮膚が伝える彼の唇の感触は手の甲に口づけされるかのようでした
パンプスのつま先を支えている指の腹はまるで首筋への愛撫のようにわたくしの身体をおののかせます
「あぁあぁぁあ・・・だぁ・めぇぇ」 親指をくまなく舐め回すとその舌は人差し指との間に這わせるのです
彼の舌は先ほどまでわたくしの花びらの狭間を辿っていたのと同じ動きを繰り返します
たった数センチの違いでしかないのに指と指の間に隠されている部分は数倍の感度で彼の舌の動きを快感に変えてゆきます
 
「あああ・・・ゆるし・・て・・ぇぇ」 人差し指を口に含まれるころにはわたくしは軽く達していました 
「ほおぅ いったんですね 祥子さん」 一度わたくしの中に精液を吐き出した男性はわたくしの収縮さえも余裕をもって受け止めていました
「やぁ・・・」 性急な動きをすることなく ただ熱く長い塊にわずかに太さを加えて快感に打ち震える胎内の感触をゆっくりと味わうのです
「はぁあああ・・・」 両手を突き上体を起こす気力すらも2人の男性はわたくしから奪ってゆきました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
economy様
おはようございます
コメントありがとうございました
わたくしの問いかけにこんなに丁寧にお答えいただけて大変うれしいです
「羅針盤」読ませていただきました 
そのことに関してはeconomyさんのブログにコメントさせていただきます

あの、もしよろしければ「大真面目」のURLも教えていただけませんか?
ブログからはリンクなさってないようですので・・・
コメントをいただいて読ませていただきたくなってしまいました
10月11日 7:13
祥子 URL 2006/08/12(Sat)17:21:52 編集
無題
どうもこんばんわ、でございます。
コメントの時間から見て、ご覧は頂けていないようですね。

 男の想像力は、たぶん、女性よりは「優れて」と思います。(別に女性蔑視は一切、含んでおりません。)
 男の欲望が刹那的であるために用意された配慮とでも言いましょうか。
 その想像力は、性だけでなく、社会全般に作用され、大きく遡り、人の歴史があるとも・・。

 私は、「大真面目」のこともやっています。(また、言い訳で、性・SMが真面目でないとは、一切申しません。) そこの「コラム」の1つを、転載させて頂きます。女性に触れたものも幾つかありましたので。

 「抱きたい女」

 艶のある黒い髪。手を通せば幾とおりもの色を残し、黒の束に戻る。
 白い肌。少し汗ばんでいても手に何故か冷たい感触。
 そして、右の乳房を握ると、白は少し色を帯び、細い足が自然に膝を立て開いていく。とても、自然。 
 
 首が伸び、赤い唇が開き、整った白い小さな歯並びが、息を大きく吐き出す。
 その息に、声は無くても良い。彼女の呼吸は力強くあるし、か細い。
 
 薄い肌は、桃に染まり、熱を帯びる。何も要求されない。
 全てを男にまかせた女の性。刹那でしかない男の欲望が理解できることが本能であるかの様な奉仕。

 時間が繰り返される。刹那が通り過ぎない。そして、大きい波と小さな波の繰り返し。女と同様の快感を与え続ける。

 そのまま、男と女は寝る・・・男の朝は一人。その理由は知らなくても良い。

                             それでは・・・
10月11日 2:29
economy 2006/08/12(Sat)17:21:24 編集
economy様
economy様 お忙しい中ご訪問いただいてありがとうございます

ブログにお伺いさせていただいて・・・独特の作風に
男性ってもしかしたら・・・こんな風に欲望を抱かれているのねと
しばらくショックを受けておりました
こちらは貴社と比べますと誠にソフトだとは思いますが
お嫌いでなければ時々はお越しいただけたら嬉しいです
10月10日 13:59
祥子 URL 2006/08/12(Sat)17:20:40 編集
無題
economyと申します。ご訪問、コメントありがとうございました。
 BBSが見当たらず・・・。
私の作は、え~と、どこかに記事で入れましたが(作以外は2,3しか短い文はありませんので、
是非お読みください。)、そこにも記載しておりますが、重いものではなく(はないなぁ)・・。
読みにくいのは事実ですので。
 取り合えず、またお越しくださいませ。

 本日、これはちょっとの、ウルトラ問題作「羅針盤」 UPしております。
 猟奇、スカトロ(当社としては、少し弱)SM小説、某巨匠CG作家かつ小説家のCGも配しての
まぁ、問題作です。(自分で言っているようでは・・・)
 すいません、時間がございませんで、また「言い訳」などに伺います。ごめんなさい。
10月10日 13:36
economy URL 2006/08/12(Sat)17:19:47 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]