忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08 2005 / 10
ぺちょ・・・ 運転手は今度はなんの予告もなく愛液にまみれたアナルを舐めるのです
「やめ・・て・・あぁあん」 腰を振り彼の唇を避けようとしても・・・その動きはシーツに押し付けられた欲情した乳首を愛撫のと同じになってしまうのです
くちゅ・・ 皺の一本一本を愛でる様な優しい舌使いで緊張を解きほぐしてゆきます
「ん・・・おねがい」 バージンを奪われてからもう一度・・・アナルでの快感を教え込まれている身体は運転手の口戯にはしたなく反応してしまうのです
「ゆるして・・・」 ひくつき・・なのに先をわずかに堅くした彼の舌先を2重にしめつけるその内部に迎え入れようとするかのようにふっと力を緩めるのです
「祥子様 主の嗜好はご存知でしょう どうか・・・息を吐いて私に身体を預けてください」 ローションの冷たい感触がわたくしの狭間を垂れてゆきます
「あっ・・・」 運転手の熱を持ったような舌と腕に愛撫されていた身体にわずかに鳥肌をたててしまいました
「申し訳ございません 冷たかったですか?」 彼の優しい声がいたします 右手がわたくしの丸い腰のカーブから太ももを・・・そしてガーターストッキングに包まれた脚へと往復いたします
「これでもう 冷たくはございませんでしょう 祥子様」 ほのかに暖かい彼の体温を伝える指先がアナルにローションをなじませるのです
「あうっ・・・や・・・」 運転手の中指が アナルの中にするっと差し入れられました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]