忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06 2005 / 10
「や・・・ほどいて・・」
「素直になれないみたいですね せっかく選ばせてあげようと思ったのに これは罰です」
「あっ・・あぁあああ」 男性はわたくしに正面から近づくと左手でふらつく腰を引き寄せ・・・長くそりかえった塊を花びらの狭間に押し入れたのです
ひくっ・・・っくん 何度も愛液を溢れさせながら指すら差し入れられなかった蜜壷はきしみひくつきながら男性の塊を飲み込んでゆきました
「やぁぁぁ・・・」 すべらかに男性を受け入れる身体に対する羞恥と胎内を奥まで割り開かれる衝撃に声を高めているわたくしの髪をもう片方の手でかきあげ男性は首筋に4つ目の痕をつけるのです「あぅっ・・・いぁぁぁ」 逃げられない様に押さえられた腰をもっと引き寄せるようにして男性は彼の塊を全てわたくしの胎内に収めてしまったのです 先端は子宮口を突き上げ徐々に太さを増す根元は花びらを大きく割り開いておりました
「くぅっ・・・しまる」 動くことのできないわたくしの身体は、貫かれ奥を刺激される快感を密壷を間断なく妖しく蠢かせることでしか表せませんでした まるで別の生き物がそこにいるように不規則に男性の塊を締めつけていたようです
「ゆるし・・て」 男性はゆっくりと腰を動かしはじめました 長く堅い塊は大きなストロークを繰り返しても幾度もわたくしの奥を愛撫しつづけます
「あぁぁ・・・ゆるし・・てぇぇ・・いぃぃぃぃ」 ふいに早く打ち付けはじめられた塊は引き出す根元で先ほど絶頂した大きな真珠さえもこすり上げるのです
「祥子さん いいですよ あっ・・・いい こんな締まり ああ・・・」 不安定なわたくしの身体を揺り動かすようにして熱い塊はわたくしの内壁をすべて擦りあげかき出すように嬲ります
「ああぁぁ・・ぁぁ・・い・・くぅっ・・・」 白く濁った愛液がとろ・・っと右の内ももを流れおちてゆきました
「しまる・・・いく・・・祥子さん 受け止めてください」 子宮口をたたくように2・3度強く突き上げて男性は直接注ぎ込む様に精液をわたくしの中に吐き出したのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]