忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04 2005 / 10
「・・・い・・や・ぁぁ」 2人の男性のため息も吐息さえも聞こえない部屋の中央で梁につり下げられ ライトアップされた夜景をバックにはしたない下着姿を晒さねばならない羞恥にとうとう声を上てしまいました
「ぁ・・・・あぁ・・・・」 運転手は主が解いた伊達締めを紐を拾おうとわたくしの足元に跪いた姿勢のまま 深いため息をもらしました
「ほぉうっ・・・・今夜は一点の紅も散らさない白い肌なのですね 祥子さん」 大島を着たままでわたくしを唇で蕩けさせていた男性は まるで自らの手で彫り上げた彫刻をゆっくりと見つめたときのような満足のため息を漏らします
「似合いますよ 祥子さんの白い肌には華やかな色がやっぱり似合う なぁ、君」 男性は見上げたままで動きを止めた運転手に語りかけます
「私はこれが初めてですが・・・ほんとうにお似合いです 祥子様」 2本の紐を手に運転手はようやく立ち上がりました

「やめて・・・手をほどいて」 先ほどまでの男性のディープキスはたった一本のかんざしで結い上げられたわたくしの髪を乱しておりました
背の中程まである黒髪が・・・一筋、ふたすじ・・・ほどけかけ・・・うつむくが故に白いデコルテに陰を落とすのです
「ほんとうにカメラがないことが残念です こんなに美しい祥子さんを留めておけないなんて」 赤い絹・紅葉・・・そして闇に浮かび上がる白い肌 望んでも得られない淫ら絵が展開されていたのです
「せめて・・・これではいかがですか」 運転手が差し出したのは男性の携帯電話でした 「よろしければ 私にも1枚撮らせてください」
「ああ 君も 今夜の記念にな・・・」 この場には不似合いな小さな機械から思った以上に明るい光が発せられます
「だ・・めぇ・・・しない・・で・・・」 顔をそむけ身をよじることで・・・乱れた黒髪と・・・たゆんとゆれる乳房が男の欲望を刺激するとも思わずわたくしは不安定な姿勢で抗いました
「祥子さん 心配しないでください この写真は僕と彼だけが楽しむためだけのもの 約束します」 数枚のカットを携帯に収め男性はその機械を運転手に託しました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]