忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 2005 / 10
「さぁ もったいないがそろそろ帯を解いてもらおうかな」 大島の羽織を脱ぎ部屋の隅に袖畳みにして放りながら男性は指示をします

「はい・・・祥子様 失礼をいたします」 運転手は後にまわり先ほど着付けたのと逆の手順で帯をほどいてゆくのです
しゅ・・・っしゅっ・・ 半幅帯がわたくしの足元に丸く落ちるのにたいした時間は必要ありませんでした
「おねがい・・・手首をほどいて」 運転手はわたくしの声など聞こえないかの様に友禅の胸元を整えている伊達締めを緩めます
しゅっ・・・博多織ならではの音を立てて伊達締めが引き抜かれます
「やめ・・て・・・」 微かに抗う声も知らぬ様に胸高に締められた紐を・・・そして腰紐をほどいてゆきます
 

「ああ・・・綺麗だ」 はらり・・・と前を開いた友禅は深紅の長襦袢を見せて左右に・・打ち掛けのように裾を落としてゆきます
「これは華やかな姿ですね 祥子さん 全く素肌をさらしていないのにこのなまめかしさは・・・大人の女だからですね・・・きっと」
厚みのある綾絹はわたくしの胸元をまだきつく押さえてはおりましたが立ち上がりはじめているわたくしの乳首の陰をもう映し出しておりました
ウエストから腰に添う下半身は丸い腰のラインから体側のガーターベルトの留め具までを浮き上がらせ暗示しておりました
「みない・・で・・・」 視線をそらそうとする腰の動きは綾絹の上品な光沢となって男性たちの目に妖しく映ります
 
「このまま嬲りたくなってしまいますね 祥子さん」 男性は近づくとわたくしの顎に手をかけ・・・引き上げて唇を重ねるのです
くちゅ・・・ちゅ・・・ 不安定な姿勢のまま身体を男性に預けることも叶わなくて・・・この縛り吊るされた姿のままでわたくしを嬲ろうとする男性の思いつきをくつがえさせたくて・・・淫らな舌のうごめきに応えたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様・愛様
今日は昨日と打って変わって暗くて寒い一日ですね

柏木様 
<衣装責め>
わたくしのこのシーンに素敵な名前を付けてくださってありがとうございます
男性の目の前で装うことも装いを解かれることもとても恥ずかしいものなのです
今夜は装いを解くためだけに・・・羞恥にさらされながら装わされたわたくしです
装いを解くことは・・・一層のいたたまれなさと共に・・・弄ばれてしまうのです

愛様
わたくしのブログにお越しいただけて光栄です
愛様のあたらしいブログにもさきほど伺わせていただきました
これからも仲良くさせてくださいませ
どうかよろしくお願い申し上げます
10月3日 17:24
祥子 URL 2006/08/12(Sat)16:31:19 編集
無題
祥子様 こんにちは...。。
愛ですけど...ご挨拶が遅れてしまって大変申し訳ないです...。。
心が不安定になっている時の祥子様のコメント... とても嬉しかったです。。ありがとうございました...。。
祥子様の小説はご自身の体験が元になっているのですよね..?
素敵です。。
また.. 遊びに伺わせて頂きますね... コメントを入れるのにもサインとか..ってちゃんと登録しましたので..。。^^
これからも..素敵な祥子様を見せて下さいませ...。。
10月3日 11:48
2006/08/12(Sat)16:30:49 編集
無題
乱された和服というのは、時として一糸まとわぬ姿よりも淫らです。
衣裳責めを受ける祥子さんの受難、読み飽きることがありません。
じわじわともてあそばれてしまって。とてもお気の毒なのですが。^^
10月3日 8:08
柏木 2006/08/12(Sat)16:30:15 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]