忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
30 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01 2005 / 10
「祥子様 お静かになさってください」 運転手の手が彼の塊に触れていない方のわたくしの頬をそのしなやかな指でなで上げます
「まだ何もしていないじゃないですか 祥子さん」 白く剥き出しにされた腰の脇に座る男性はふぅっ・・・とまた狭間に息を吹きかけます
「ぃやぁぁぁ・・・」 何本もの手で嬲られるよりも・・・双の瞳で見つめられるだけ ただそれだけのことがわたくしの羞恥心を刺激し秘めた狭間から枯れることなく愛液を溢れさせるのです
運転手の膝に抱きかかえられ 彼の熱い塊と指で両の頬を愛撫される慕うしさと その膝の先のはしたない後姿を彼の主に視線で犯されていることに心を引き裂かれ なのにそのことがより快感を高めていることを認めたくはありませんでした
 
「ここだけは 前回味合わせていただけなかったんですよね 祥子さん」 深紅のレースがその赤をどこまでも深め続けるように潤いを含んでゆきます
「3人でお相手をするには祥子さんは素晴らしすぎるのですよ 全てを味わいたくて・・・なのにどれだけ時間があっても味わいつくせないんです あなたは」 ため息をつくかのように恋歌をうたうかのように男性は語るのです
  
「こうして見ているだけでも飽きはしない 僕はずっと昂ったままなんですよ 祥子さん」 あのときわたくしのバージンを奪った長く堅い昂りをわたくしに思い出させるのです
「あの2人があなたの蜜壷がどんなに気持いいか聞かされるたびに 僕がどれだけ嫉妬をしたかわかりますか」 すっ・・・触れるか触れないかの距離で男性の中指がレースの下の真珠をなであげます
「はぁぁ・・ん」 拒むはずの腰の動きは・・・男性を煽り誘うかのようだったに違いないのです
「あのときバージンだなんて祥子さんが言うから 僕はどうしても欲しくなってしまったのです」 小指の先が・・・Tバックのストリングスをくぐって堅く閉じた排泄器官をつん・・と突きます
「いぁ・・・ぁ・・ぁ」 「他の男に奪われたくなかったから ムキになってしまった 我ながら大人気なかったと反省しています」 冷静な声のまま人差し指と中指を揃えて・・一重のレースの上から疼き切った花びらをついっとなぞるのです
「あぁ・・・だぁ・・めぇ・・ぇ・・・」 微かに触れられるたびに快感に打ち震える身体とわたくしのはしたない声に運転手の塊もひくひくと脈打つのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]