忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 2005 / 10
男性は左手でわたくしのアップにした髪を掴みながらディープキスを続けるのです
っふ・・・ぺちゅ・・・ちゅ・・・ 密着させるわけでもなく側に立つ男性の大島紬特有の素材の凹凸までもが身体の表面を舐め・・・敏くなっている身体から妖しい感覚を引き出してゆくのです
「ふ・・・あっ・・くぅ」 つま先立ちの両脚に男性は膝を割り込ませ・・わたくしの太ももに堅く起き出したままの熱い塊を押し付けるのです
「・・・あはぁぁ・・・」 くちゅ・・・ 度重なる口づけはもう情熱を伝えるしぐさを超えておりました 
しゅるっ・・・しゅ・・・ ふいの胸元の締め付けが軽くなりました わたくしの口腔を舌で犯し続けていた男性は空いた右手で伊達締めと腰紐をほどいていたのです
 
「いやぁあぁ・・・」 襟の重みで自然に襦袢の前は落ち開いていってしまいます 男性の着物の感触が絹ごしではなく直接素肌に・・・敏感な乳房の先にまで触れました 
室内の少し下がった気温が・・・男性に膝を割られて・・・ふとももの中程まではしたなく溢れさせていた愛液をまたたくまに冷やすのです
「僕のプレゼントがどのくらい似合っているか見せてもらいましょうか」 耳朶を甘噛みすると男性は2・3歩後ずさるのです
 
「みない・・で・・くださ・い・・」 長襦袢は友禅と同じに前を大きく開いてわたくしの身体の両側に沿って落ちていました
豪奢な額縁に彩られた白い肌には深紅のランジェリーのセットが添えられていたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]