忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
01 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05 2005 / 10
わたくしの腰をささえてくれたのは運転手でした
吊るされたまま限界まで伸ばされた手首には全ての体重を受け止めて 絞りの帯揚げ越しとはいえ赤い縄痕をつけてしまったようでした
「ぁあ・・・おねがい・・・ゆるし・・て」 疼き切った3カ所を2人の舌と珊瑚玉で嬲られて今夜初めて達してしまったのです
「おね・・が・・い ほどいて・・」 運転手に抱きかかえられるような姿でわたくしは彼の眼を見つめて哀願したのです

「お願いする相手が違うのではないですか 祥子さん」 男性は愛液で濡れた様に光る珊瑚玉のかんざしをスタンドの照明にかざして海から上がったばかりの様な光沢を愛でていました
「少し楽にしてさしあげますよ さあ」 眼顔で運転手に指図をしました
運転手は抱きしめていたわたくしの姿勢を元に戻してくれました ですから、てっきり彼が手首の縄を解いてくれるのだとばかり思っておりました
しゅ・・・っ ところが運転手が浴衣の袂から出したのは新しい赤い綿縄と1本のタオルだったのです
「いやぁ・・・ゆるして・・・ぇ・・」 さばいた縄尻を同じ長さに決め二つ折りにした縄を足元に置きました
「祥子様失礼いたします」 わたくしの前に跪くと左の膝の裏に手を当てついと持ち上げるのです
「やめて・・・おねがい」 畳んだタオルを膝裏に当てその上に二つ折りの縄をかけ、片方の輪に両の縄尻をくぐらせてました そして・・・ 
しゅっ・・・しゅ 必要以上に作った輪が締まらない様に一つ結び目をつくるのです
「やぁぁ・・・」 運転手は黒光りし鑿痕が波打つ梁のすでにかけられた縄より50cmほど左側に新たな縄尻を投げ上げくいと引き上げました
「あぁ・・・・やめて」 わたくしの左脚は高く深く曲げられ吊り上げられてしまいました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]