忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04 2005 / 10
「フラッシュの光が肌に反射してまぶしいくらいでしたよ 祥子さん」 改めてわたくしに近づいた男性は不自然に引き上げられた乳房を指先で撫で上げるのです
「ここに この間はあんなに赤い印を付けて差し上げたのに、もう跡形もない」 喉元から乳房の下辺の丸みまで啄むように唇でたどりながら中心に近い敏感な部分だけを舌先で佩くようにねぶるのです
「あ・・・はぁぁぁん・・・やぁぁ」 今宵はじめての素肌への直接の愛撫 長く焦らされ続けた身体はそんなわずかな刺激にさえはしたない声を上げさせてしまうのです
「今夜はいくつ痕がほしいですか? 祥子さん」 答えを待たずに男性は左乳房の下側のもっとも柔らかい部分をきつく吸い上げるのです
「あうっ・・・やめて・・」 ち・・ぅぅ・・・ ランジェリーのレースだけしか触れることのできない柔らかな肌は男性の口づけに痛みすら感じていました
「ん・・・綺麗だ もっとですか 祥子さん」 次は吊り上げられた両腕のせいで寄せられた二つの乳房の谷間に近い部分・・・シャツに隠れるか隠れないかの部分に唇を這わせます
「やぁぁ・・・・っ」 抗いは首を振ることしかできない でも・・・それは黒髪の先で男性の頬を優しく愛撫する結果になってしまうのです
こうして感じやすい左の乳房に2つの赤い痕をつけられてしまったのです
 
「今夜はそうですね 祥子さんが素直になさらなければその度にこの印をつけてゆきましょう」 Gカップ重みがつくる丸みに沿ってブラの端を唇がだどってゆきます
「1つづつ ランジェリーでは隠れない場所に あなたのお洋服でも隠せない場所に ね」 男性の舌はそう言いながら乳輪をめぐり胸元から首筋へ・・・そして耳へと這い登ってゆくのです
「しない・・・で・・ぇ・・」 淫らな姿勢で刺激を加えられつづけてなお置き去りにされる乳首の疼きはわたくしの声を欲望でかすれさせました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]