忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
29 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30 2005 / 09
「ん・・んっ・・・だめ・・・」 揃えたままに伸ばされていた足先から着物の裾をまくり上げられる感触にわたくしは我に帰りました
「やめ・・て・・・んくっ・・・」 足元に膝立ちになった男性が左手でわたくしの足首を押さえ右手で友禅の裾を左右に分けていたのです
抵抗する声さえ運転手の口づけに打ち消されてしまうのです
 
足首を思うがままに動かしながら 男性は着物の裾を・・・ガーターの留め具が露になるほどに広げてしまったのです
「紅葉に初雪だな 僕のプレゼントも気に入っていただいたみたいですね 祥子さん」 男性は深紅の長襦袢の上に伸ばされた白く輝くストッキングの脚をじっくりと視姦するのです
間接照明だけの薄暗い室内の中で雪見障子に差し込む四角く切り取られた庭からの光だけが白々と明るいのです
わたくしの下半身はそのはしたないフレームに見事に収められておりました
視線を避けようと左右に揺らす膝さえも脚のやわらかなラインをストッキングの光で照り返らせる効果しかありませんでした
 
「ん・・っっく・・・いやぁ」 息をする間もないほどに口づけは繰り返されました
「私のキスはお嫌ですか? 祥子様」 熱情にかすれる声で運転手は囁くのです
「んん・・ん・・・」 答える間もなく重ねられる唇に微かに首を横にふるしかありません
この宿で最初に彼の手で袖口のカフスボタンを外されたときから・・・わたくしは彼の唇を・・・欲しいと・・・思っていたのです
彼の腕にこうして抱きしめられたいと・・・思っていたからです
「ありがとう・・・くちゅ・・・ございます 祥子様」 そうして運転手は舌を吸い上げるような激しいキスを繰り返しました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木さん
先ほどまで絹で覆われておりましたから
こんなに露にされてしまうことに
普段の洋装である以上に敏感に反応してしまいましたの
キスは・・・素敵な行為ですね
喜んでいただけてうれしいですわ
9月30日 23:21
祥子 URL 2006/08/06(Sun)16:14:20 編集
無題
ガーターの止め具のあたり、って、
とてもセクシーな部分ですよね。
白く輝くストッキング、
どのようにいたぶられ、
もてあそばれていくのでしょうか・・・

ディープなキスの描写のたびに、
生々しいほどの体臭さえ、よぎる錯覚を覚えます。
9月30日 18:23
柏木 2006/08/06(Sun)16:13:33 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]