忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
99 98 97 96 95 94 93 92 91 90 89
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

29 2005 / 09
建物を回り座敷から見えたライトアップされた桜の庭にたどり着きました 部屋からでは気がつきませんでしたが桜の樹の足元には上品な秋草の庭が設けられていてゆっくりと・・・露天風呂のあたりまで回遊できるようになっていました
 
「彼の前ではね 悔しいので褒めませんでしたけれど いい趣味だ」 庭を照らす照明の切れたあたりで男性は立ち止まり わたくしに向き合いました
「その血赤珊瑚のかんざしから履物まで全て彼の見立てなんです」 アップにした髪からつま先までを男性の視線が舐める様に動いてゆきます
「先日 祥子さんを自宅までお送りしたあと彼が密かに実家に頼んで手配をしていたようです 今日いらしたと連絡を受けて急いで何かを積んでいるとは思っていたのですけれどね」 一歩踏み出すとふいにわたくしの肩を抱きしめて・・・引き寄せます
「あっ・・・」 急に引き寄せられてバランスを崩したわたくしの身体は男性の腕の中にすっぽりと抱きかかえられてしまったのです
 
「良くお似合いです 僕は祥子さんがこんなに着物が似合うとは思ってなかった」 男性の左手は背をたどり・・・帯下の腰へと・・・なめらかな友禅をなでてゆきます
「うん 付けていてくださってるんですね 僕のプレゼントも」 ガーターベルトを・・・留め具まで そしてTバックの細いストラップとその狭間の白くまぁるいわたくしのヒップの感触を 確かめる様に左手が動くのです
「・・・ぃゃぁ・・・お座敷から・・・見られ・・ま・す・・・」 右手で抱きしめられた上半身を離す事もできずさきほどまで紳士的だった男性の淫らな仕草に身をよじる様にしてあらがうしかできません
「ここは照明がないですから見えませんよ それとも彼の視線が気になりますか 祥子さん ・・・妬けるな」 
 
「ん・・・あはぁぁ・・・」 左手はもう確かめるような動きではなくて明らかな愛撫に変わっていました
「祥子さんには黒いドレスが似合うと思っていたのです シルクニットの肌によりそう・・・ダナキャランあたりでしょうか この次は僕がプレゼントしますよ」 わたくしの下腹に押し付けられた彼の塊は熱く堅く高ぶってまいりました
「もちろんぴったりの黒のランジェリーと一緒に 今夜僕を満足させてください」 男性の指がたっぷりと張るわたくしのヒップに食い込む様にうごきます
「あの夜みたいにね 祥子さん」
「やぁぁ・・・・」 運転手が見ているかもしれない庭での艶戯に静まりかけていた疼きにまた火をつけられてしまったのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木さん
所有欲なのでしょうか・・・
現実にはなかなかいらっしゃらないのだとは思うのです
女性の身に纏う物をプレゼントしてくださる方って
でもほかの何かではなくて・・・物理的にでもなくて
身にまとうものを送ることで心を縛り付ける
そう望まれるような女でいたいと わたくしは思っております
9月29日 23:34
祥子 URL 2006/08/06(Sun)15:58:37 編集
無題
ほかの男の好みの衣裳を身に着けた女を抱くひとと。
好みの衣裳を選んでやった女がほかの男に抱かれるのを見るひとと。
からみあうものは思惑でしょうか、戯れ心でしょうか。
運転手氏の心裡が気になるところです。
9月29日 23:10
柏木 2006/08/06(Sun)15:57:42 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]