忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
94 93 92 91 90 89 88 87 86 85 84
30 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

26 2005 / 09
「さぁ・・・どうぞ」 運転手は深紅の長襦袢を広げ・・・わたくしの肩に着せかけました
しっとりとした重みの綾絹はわたくしの肌に吸い付くようでした
「苦しかったら仰ってください」 赤い紐をくわえ長襦袢の前を持つと少し強く前を引き合わせました
わたくしの豊かな乳房は絹に引き絞られる様に押し込めるのです
きゅっ・・・ 胸高に一本の紐を渡し縛ります
衣紋を抜き襟元を整えると紅と紺糸で織り上げられた伊達締めを締めるのです
普段 着物を着る時には特別な肌着を必要とする胸元は厚みのある綾絹だけで見事に整えられてしまいました

「失礼いたします」 長襦袢と同じ様に衣桁にかかっていた着物を着せかけます
長襦袢と着物の裄丈 身幅 長襦袢の着丈
普通の女性よりも背も高くボリュームのあるわたくしにぴったりの丈に仕上がっておりました 
お茶会や観劇などで着る普段着さえも出来合いで販売されているものでは着る事ができず誂えざるを得ないわたくしにとって・・・こんなに身体にフィットする着物は久しぶりでした
そういえば先ほどの女将も背の高い方だったわね・・・ほっそりとした でもすらりと背の高い女将を思い出したのです きっと女将のコレクションの1枚なのでしょう
翻る裾の内側までも紅葉が染められた丁寧な仕立てに一人で納得をしておりました
 
運転手はわたくしの前に回り裾をととのえ腰骨の上で紐を掛けます
「あん・・・」 身八ツ口から差し入れられおはしょりを整える手が絹に縛められている乳房の上を撫でるように走るのです
「申し訳ございません」 彼の冷静で真剣な声が わたくしが感じるかすかな快感さえもはしたないと咎めるように聞こえます
「・・・いいえ」 恥ずかしさにかすれる小さな声でそう答えるしかありませんでした
 
しゅっ・・・しゅ・・・ 襟元を整え、帯下に当たる場所に紐を掛け伊達締めを締めます
着物を着慣れた女性でもこうはいかないと思えるほどの手際の良さでわたくしを着付けてゆくのです
深紅の腰紐も伊達締めも 彼の手にかかると魔法の様にぴたりと決まるのです
決してきつかったり苦しかったりはいたしません
それなのに身体に沿う様に一部の狂いもなく縛め止められてゆくのです
正面から着物をまとったわたくしを満足げにみつめると彼は半幅帯に手を伸ばしました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]