忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
90 89 88 87 86 85 84 83 82 81 80
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

25 2005 / 09
「祥子様 お力を抜いてください」 中指の先でぬめる真珠をころがしながら運転手が静かに言い放ちます
「いや・・・しないで・・・太いの・・・いや・・・」 拒もうと白い背中と腰を捩るわたくしを 彼は狭間に差し入れた一本の人差し指で止め付けてしまうのです
「酷いことはいたしません 主の言いつけなのです どうか身体の力を抜いてください 祥子様」 親指への恐怖心がほかの二指の快感に勝ることを彼はようやく気づいてくれました
狭間を嬲る指を一旦抜き・・・あらためてほっそりとした中指でアナルへの愛撫を再開したのです
 
「この指でしたら・・・よろしいですか祥子様」 改めて問われることで羞恥をかき立てられたわたくし自身の愛液のぬめりが彼の指先を容易に侵入させます
「あはぁ・・・あん・・・ああ・・・」 3度目になるアナルへの性的な愛撫は確実にほかの部位とはちがう快感を送りこみはじめておりました
わたくしの身体ははしたなく彼の指に応え 堅くすぼめられていたひだは柔らかく開きはじめ侵入する指を自ら飲み込もうといたします
「失礼いたします」 わたくしの呼吸に合わせて彼は中指の第二関節まで・・・すっと差し入れました
「あっ・・・ん・・・ああ・・だぁめ・・・ぇぇ」 浅く抜き差しを繰り返し 内臓の感触をたしかめるように指先を蠢かします
「おねがい・・・ゆるし・・て・・かんにん・・してぇ」 喘ぎ声が細く高く川音をしのぐほどになってようやく彼の指は胎内からゆっくり抜き出されました
 
「はぁあ・・・」 運転手は先ほどまでわたくしを嬲り続けていた右手を見つめ感嘆を交えたようなため息を放ちます その指先は差し入れたときと同じ綺麗なままだったからです
ぺろっ・・・・ 彼はその指先をそっと舐めました 
「祥子様 ありがとうございました」 夜気に本来なら冷えきってしまうはずの2人の身体は・・・共にうっすらと汗を浮かべておりました
「お流しいたします」 先ほどよりも少し温めにしたシャワーをわたくしの肩から腰へと流しかけます
「主の申していた通りでございました ご無理をお願いして申し訳ございませんでした」 柔らかな狭間を・・・そしてコンディショナーの浸透した黒髪も丹念に洗い流してゆきます
 
「お苦しくはございませんでしたか 祥子様」 彼の手でうつぶせられていた上体を引き起こされても・・・わたくしは顔を上げることすらできませんでした
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
40代のおじさま
40代のおじさま コメントありがとうございます
おじさまのブログを拝見しても
ふふふ・・・とてもそんな枯れた男性のようには思えませんわ
わたくしのことは 言わぬが花ではございませんか
9月25日 15:09
祥子 URL 2006/08/06(Sun)15:16:15 編集
無題
肌の触れ合いが無くなった私としては、読むたびに興奮いたします
実際に肌を触れたく悶々となってしまい、一人の世界で我慢しております
妄想とは、一種の願望の表れかと思いますが
祥子さんもそうなんでしょうか?と疑問になってます
9月25日 10:37
40代のおじさん URL 2006/08/06(Sun)15:15:25 編集
G1ジョッキーさん
G1ジョッキーさん コメントありがとうございます
そうですね・・・シチュエーションのせいなのでしょうか
それとも言葉遣いのせいでしょうか
<唐紅>に漂う雰囲気のせいなのですね
はじめていただいた感想です
「かんにん・して・・」はわたくしが時に使ってしまう言葉です
そもそもの土地で使われなくなった言葉が
別の土地の女の中に残っているというのも不思議なことです
最後のご質問はご想像にお任せいたしますわ
お嫌いでなければまたお越しくださいませ お待ちしております
9月25日 7:47
祥子 URL 2006/08/06(Sun)15:13:25 編集
無題
なんか時代劇風というか昭和の初期の色物
物語みたいですね。
かんにんしてーは関西でももう使われてません
しね。
やっぱこう言うの書いてる時って、お湿りはある
のでしょうか・・・?
9月25日 7:18
G1ジョッキー URL 2006/08/06(Sun)15:12:29 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]