忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
87 86 85 84 83 82 81 80 79 78 77
26 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 2005 / 09
乾いたタオルでわたくしの身体の表面の水滴を軽く拭ってゆきます 露天風呂を渡る風が身体を冷やさないように・・・彼の配慮をうれしく思いました
 
「髪を洗わせていただきます」 彼の手でさされたかんざしを今度はすっと引き抜きました
はらっ・・・と梳られほぐされていた黒髪のロングヘアが白い背中に落ちてゆきます
彼は後からその様をしばし眺めていた様です
運転手はもう一つ腰掛けを持ってくるとわたくしの隣に置き その少し先の床にさきほどの畳んだバスタオルを置きました
「さあ 立ってください そう・・・こちらに膝をついてください」 板張りの床に直接膝をついては痛い そう思って置かれたバスタオルのようでした
「・・・?」 彼の言う通りにタオルのある場所に膝立ちになりどうしたらいいのかと彼を見上げます
「こちらに上体をお預けください」 彼は持って来た腰掛けに座ると膝を指差してそう言うのです
運転手の腰掛けた膝の上にわたくしの上体を投げ出しふとももに剥き出しの乳房を押し付けなくてはならないのです
「さ 湯冷めしてしまいますから」 わたくしの肩に手をかけて促すのです
「・・・はぃ・・・」 この体制なら彼と視線を合わせることはありません 髪を洗うためなのだと彼の膝に上体をのせました
 
「ごめんなさい 重くはないですか?」 首筋から背中への彼の視線に戸惑いながら声を掛けます
「いえ 気になさらないでください」 彼の声は変わらないまま・・・なのに 左脇に当たる塊がくいっと・・・熱をこめて反応を伝えてまいりました
「お湯をお掛けします」 首筋から頭頂にかけてシャワーが当てられます 彼の指が軽くマッサージをするようにわたくしの頭皮を揉みほぐします
「熱くはないですか?」  手に取ったシャンプーを泡立ててから髪を洗いはじめます
「気持いいです」  髪の生え際から根元・・・そして長く垂れる毛先へと・・・彼の指が動いてゆきます
「洗い残しているところはありませんか?」 こめかみをやわらかくマッサージするように指をはわせ髪をくしけずります
「ええ 大丈夫です プロの方みたいお上手だわ」 彼の脚の暖かさにほっとするものまで感じておりました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]