忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
82 81 80 79 78 77 76 75 74 73 72
24 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22 2005 / 09
「お待たせしました」 戻ってきた彼はタオル一枚だけを腰にまいていました
適度に陽に灼けた肌とトレーニングで鍛えられているのであろうしなやかな筋肉が運転手の身体をおおっていました
車を運転するだけの人・・・そのひ弱な印象は素の彼には全くなかったのです
 
脱衣所の川音の聞こえる側には1枚だけの扉がありました
彼が先に立ってゆっくりと戸を引きあけるとそこは露天風呂だったのです
 
侵入者とその視線を拒むように槙の垣根に守られた一画は、正面の紅葉の山肌を絵画のように一層引き立てていました
きっと離れの屋根からのライトアップもあったのでしょう 美しく色づいた葉の一枚一枚が照り映えておりました
「きれい・・・」 踏み石の上で次の一歩を踏み出すのを忘れてしまったかのように見ほれてしまいました
「祥子様 お気をつけて」 先に下りた運転手は手を差し出すようにしてわたくしを踏み石から板敷きの床に下ろします 
ほのかに檜の香りがいたしました 踏み石のすぐ右手には掛け湯用の小さな湯船があったのです
左手は途中に1枚の戸を置いた濡れ縁になっておりました
「失礼いたします」 運転手の声に視線を彼に戻すのと 彼の指が左胸の上のタオルの端をはずすのが同時でした
「いやっ・・・」 はらりと落ちかかるタオルを両手で押さえると くるりとわたくしは彼に背を向けてしまいました
 
「祥子様・・・」 運転手は背中からわたくしを抱きしめたのです バスタオルを押さえるために身体に回したわたくしの腕ごと・・・すっぽりと
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木さん
柏木さん 仰る通りです
運転手の彼が紳士的なので
大好きな紅葉の景色にわたくしは一瞬見とれてしまいました
彼が側にいることすら忘れて・・・
9月22日 18:21
祥子 URL 2006/08/06(Sun)14:39:28 編集
無題
ころは秋、織りなす錦に白き裸体がいっそう映える・・・
あでやかな一幅の絵画を見るような景色ですね。
ひんやりと落ち着いた周囲のたたずまいに、シチュエーションを一瞬忘れる貴女・・・
息を呑むような描写です。
9月22日 8:34
柏木 2006/08/06(Sun)14:38:59 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]