忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
30 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01 2005 / 10
「ちが・・う・・の・・ぉ・・・いやぁぁ」 運転手のディープキスに蕩けてゆこうとするわたくしを主である男性は許してはくれませんでした
 
ストッキングの足首を左右に広げると襦袢の上に大島の膝を進め・・・膝までも大きく割ってしまうのです
「祥子さんは僕よりも彼を気に入ったみたいですね はは・・・妬けるな キスだけでこんなにするなんて」 広げられた両脚の合わせ目を三角形に覆う深紅のレースは・・・もう溢れる蜜にまぶされていました 広げられた綾絹の光沢よりもつややかな光を放ちはじめていたのです
「いやぁぁ・・・見ないでぇぇ・・・んくっ・・・」 両手をわたくしのストッキングの膝を愛撫するように蠢かせて視線だけを恥ずかしい場所に注ぎ続ける男性に・・・わずかに腰を捩り視線をそらせる様にするしかできません
「おとなしく・・・なさって・・・ください 祥子様」 くちゅ・・・ちゅ・・・飽きることなくキスを繰り返す運転手は左手でわたくしの肩を抱きしめたままで・・・右手で帯揚げと帯枕の結び目をさりげなくほどいておりました
はらっ・・・ 畳に落ちる絹の柔らかな音は彼の激しいキスの音と男性の淫らな視線に打ち消されてしまいました
 
「このままだとシルクの長襦袢にシミをつくってしまいそうですよ 祥子さん」 男性のからかうような声に わたくしははっとして腰を浮かせてしまいます この着物の価値を知っていたらそんなこと・・・とてもできません
「もう祥子さんの唇は満足したろう そろそろ解放してあげたまえ」 わたくしの膝の間から立ち上がった男性は運転手にそう命じます
「・・・ありがとうございました 祥子さま ではこちらに」 運転手はそう言うとわたくしをくるりと俯せにして、あぐらに崩した膝の上にやはりわたくしの上体を乗せたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]