忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08 2005 / 10
「ああぁぁあ・・・ゆるし・・てぇぇぇ」 一枚づつ吸い上げた花びらに歯を立て根元から吸い上げた真珠を甘噛みするのです
「あぁ・・いいぃぃぃ」 堅く尖らせた舌を花びらの狭間に突き込み・・・淫らにひくつく内壁を彼の塊のように突き上げるのです
「やぁ・・ゆるし・・て・・い・・くぅ」 ちゅぽ・・くちゅ・くぽ・・溢れる蜜をかき回す彼の舌が水音を高くします
「いくっ・・・」 運転手の顔にこすりつけるほどに腰を高くふるわせて・・達して・・・しまったのです
「祥子様の香りに狂ってしまいそうです」 下のお口とのキスを止めることなく運転手はつぶやきます
「こんなフェロモンを溢れさせて あぁぁ先ほどの主とのときよりもっと強い」 柔らかな狭間からは彼の唇では拭いきれない愛液がしたたっておりました
男性と運転手に代わるがわる数度にわたって絶頂に送り込まれた身体は 運転手の愛撫を受けられない部分に淫らな疼きを送り込まれていました
両の乳房の先端は指一本触れられていないのに堅くとがり 会陰の先のアナルは愛液にまみれ体内と同じだけ蠢いておりました
「祥子様 次はうつぶせです」 運転手は目隠しをしたままのわたくしを抱き起こしました その時はじめて彼がなにも纏っていないことに気づいたのです
彼のすべらかな肌と筋肉質の胸に抱き起こされ受け止められて・・・裏返しにされ・・・さきほどよりももう一つ枕を積んだほどに高くなった部分に腰をおかれうつぶせにさせられたのです
「あん・・」 糊のきいたシーツは直接触れる乳首を容赦なく刺激します 
目隠しをしていたので実感はなかったのですが・・・わたくしは胸元を布団に直接押し付けられ腰だけを高くあげた淫らな姿を運転手に晒していました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]