忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
26 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

09 2005 / 10
「いい感じにほぐれてますね ああ気持ちいい 祥子さんあのあと何人にこのアナルを許したんですか いいなさい」 腰の動きを早め・・太くなってゆく根元でアナルを押し広げるようにして先ほどとまた同じ質問を繰り返すのです
「やぁ・・・あぁぁあああ」 達したばかりの排泄器官はつい先ほどの悦楽の記憶をすぐに呼び醒まされてしまいました
「何人ですか? こんなに滑らかに受け入れるようになって さあ 言いなさい」 奥まで差し入れ腰を回してつるつるした内壁からその奥のすべての壁を塊でかき回すのです
「あふっ・・・ひとりだ・け・・です・・あなたの他は・・・ひとりだけ」 入り口と奥の両方の刺激は他の方との情事を口にさせるだけの強制力をもっていました
「ほう たったひとりとで・・こんなになるのですか くやしいな 余程上手い男性だったんですね 祥子さん いいですよ」 動きを緩やかに変えて男性の声も優しく変わってゆきました

「君も 祥子さんを楽しませてさしあげなさい」 側に控えていた運転手に男性が声を掛けました
運転手の動く気配にわたくしは彼の塊で口を犯されるのだと想像したのです でも、彼は主である男性の側に座りました
「失礼いたします」 「あぁっ・・・あああ・・・だめ・・そんなこと」 運転手はわたくしの足首を掴み上げストッキングの上から足指を一本一本ねぶりはじめたのです
「や・・ゆるして・・はぁぁああ」 男の方に足をなめられるなんてはじめてでした それもストッキングごしに指の股までもなまあたたかい舌が這い唾液でぬめるのです
はじめての快感はわたくしの身体を朱に染めるほど刺激的でした
「あうっ きつくなった 良かったな 祥子さんは喜んでくださったぞ」 締め付けに動きをゆるめながら男性は運転手に話しかけるのです
「ありがとうございます 祥子様」 そのときだけ唇を離してまた唇での愛撫を続けます
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]