忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
29 28 27 26 25 24 23 21 469 20 19
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そのお部屋はホテルのシングルルームほどの広さでした
レイアウトの関係か窓はなく、代わりに見事な敦煌を描いた有名画家の画が飾ってありました
さほど大きくない四角のテーブルに黒漆に螺鈿の椅子が4脚、ジャガード織のテーブルクロス、プリントではなくゴブラン織の壁紙、清朝のものらしき壷に生けられたどうだん躑躅と竜胆まで、繊細で緻密なしつらえがなされていました
「お話はお近くのほうがよろしいでしょう」 黒い瞳が印象的な女性の支配人は、複製画を楽しめる様にと向かい合わせでなくわたくしの左側の席を上司にすすめました
 
「まだ暑い季節だからビールでいいだろう」 わたくしの返事を待つこともなく・・・以前と変わらずにオーダーなさいます
「祥子君は好き嫌いがないから美味しいものを頼みます」 元の上司の言葉に 「かしこまりました」 と頷いて支配人は部屋を出てゆきました
「お待たせいたしました」間もなく上司が頼んだビールが届き、わたくしはやっと不沙汰を詫びる挨拶をさせていただけたのです 

「今日は珍しいものがありますから楽しみになさってください」 支配人が凛とした声で言ったように、初秋を思わせる美しいお料理がまいります
「元気にしてるようだね 仕事は上手くいっているのかい」 伊勢海老のおつくり、ふかひれのスープ 「ええ、部長に鍛えていただいたおかげです」  
北京鴨、スッポンのえんがわを煮込んだもの 「僕もねやっと新規店舗をオープンできてやっと面目が立ったよ」 冬瓜の貝柱詰め 「素敵なお見せですものね インテリアは部長の趣味でらっしゃいますか?」 お魚を蒸したもの 
「祥子君にも最初は随分手伝ってもらったな ずっと礼もしてなかったから気になっていたんだ」 黄ニラ入りの伊麺 「部長には可愛がっていただきましたから そのくらいの恩返しはさせてください」
お酒の杯もお料理とともに重なってゆきました わたくしの元の上司は決してお酒がお強くはないのです 数杯のビールを楽しまれただけでもう目元を赤くされていました
「そういえば祥子くんの仕事はあちこちで人気があるみたいだね」 「おかげさまです」ジャスミンティをついでくださる支配人に軽く会釈をしながら・・上司に軽く頭を下げました
「この人はね ぼくの自慢の部下なんだよ なかなかでね 手放すのが惜しかったんだ」  上司にお茶を注ぐ支配人に微笑みかけながらそう言うのです
「事業部長はほんとうにお厳しくて・・・こんな風に女性を褒めるのをはじめて聞きました 私共の社のものが知ったらうらやましがりますわ」
「料理長自慢の点心です お茶もこちらにご用意しましたからごゆっくりなさってください 御用の節はそのベルでお呼びください」 と支配人はサイドボードの金のハンドベルを指し、会釈してフロアへと戻られました
「素敵な女性ですね 部長のいまのお気に入りの方なのですか?」 わたくしの元上司は気に入った女性を職場でも自分の側近くに置き、仕事を任せることが多いのです だからといって・・・必ずもプライベートのお相手になるとは限りませんけれども
そんなことを思い出していると・・・
「クライアントからは、仕事以外の依頼も多いんだろう」 ジャスミンティのカップごしに意味ありげにわたくしを見てそんなことを言い出しました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]