忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
31 30 29 28 27 26 25 24 23 21 469
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「なんですか この写真は・・・」 撮られた覚えのない数十枚の写真にわたくしの声は思わず震えてしまいました
「なんだ 祥子君は覚えていないのか さみしいな」 元上司のさきほどまで太ももをなであげていた手がわたくしの肩に置かれました
「徹夜で仕事をした早朝にきみに役員応接で仮眠をすすめただろう そのときのものだよ」 そこには30代前半のときのわたくしが写っていました

ただ・・・胸元は開けられてレースのブラに透けている乳首までが写っていました 
フレアスカートの裾はウエストまで持ち上げられて・・・ガーターベルトとTバックパンティの間の太ももや淡く透けるかげりまで 
さらにはうつぶせた白いお尻にわずかにTバックのレースが横切るはしたない姿も 全身・アップ・接写と何枚も写されていました
軽く開いたわたくしの唇のアップまでがその中にありました
「いやぁ・・・」 ここがレストランの個室であることも忘れて声を上げてしまいました

「あの時の写真だよ もっと大胆に撮りたかったんだが 祥子君が起きてしまいそうだったからな」 あの日ほんの2時間ほど熟睡して目覚めたわたくしは、うつぶせになった身体の下の大胆に乱れたスカートの裾に一人赤面したことを思い出していました
「貞淑な人妻で 不倫をしているわけでもなく 仕事一途な君が・・・ね」 驚くわたくしの隙をついてシルクのワンピースの肩の手をゆっくりとわたくしのバストの頂きに移すのです 
「真面目で優秀なだけの祥子くんが普段からあんなランジェリーを付けていると知って この写真をとったあと僕は・・・役員専用トイレでね・・・ひとりでなぐさめなければならなかったよ」 右手でわたくしの顎を引き上げ後から身をかぶせるようにして元上司はわたくしの唇を奪いました
「1度じゃおさまらなくて・・・朝から2度も射精したんだよ 祥子君」 ディープキスの合間・・わずかに唇を外すようにして 劣情を語るのです
「んんぅぐっ・・・あぁん」 舌を舌でしごきあげ 口蓋を舐め上げて 唾液をわたくしに注ぎ込むまるでセックスのようなキスです
「一時期は夫以外の男ができたのかと 嫉妬で狂いそうだったさ こんな大胆なランジェリーをつけている祥子君を想像してね」 胸元にさがってきた左手がシルクのワンピースとレースのランジェリー越しにも堅く立ち上がっているのがわかる乳首を・・・ひねりつぶすように愛撫するのです
「こんなところで・・・だめぇ・・・人が来ます・・あはぁん」 元上司のがっしりとした腕で漆塗りに椅子に肩先から押さえ込まれてわたくしは身を捩ることもできませんでした
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]