忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
35 34 33 32 31 30 29 28 27 26 25
01 2017 / 05
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

でも、もう待ち合わせの時間は迫っていました
「化粧室をお借りてもいいですか?」 従業員の男性に声をかけて化粧室へ入りました
リボンタイを解き、フロントの釦を一つづつ外して黒の透けるシルクワンピースを脱ぎドアのフックにかけました 
黒のレースのスリップを脱ぎ、ブラを外し、湿り気を帯びたTバックを脱ぎ小さくたたみます
左脚からガーターベルトの前と脇の留め具を外して片脚づつストッキングを下ろしてゆきます ウエストに手をまわしガーターベルトのスナップを外して・・・遅い時間なので外には3人の従業員しかいませんでしたが・・・コンビニの化粧室で全裸を晒しているのです
いままで経験したことのない羞恥にランジェリーから解き放たれたGカップのバストは身支度の動きにあわせて たゆん・・・と大きく揺れる乳房の先はもう堅くしこっていました
ハンドバッグの中から買ったばかりのパンティストッキングを出してパンティすら着けていない身体に直に身に着けたのです

透けるシルクの素材を重ねたワンピースは・・・身につけても・・・わたくしの身体を隠すよりも白い肌の陰影を際立たせました
ほんのわずかしかシルクを重ねていない上半身は白い乳房に浮かぶ乳輪と乳首がはっきりと透けています
柔らかい素材はほんの微かな乳房の揺れもそのままに伝えるのです
やわらかくプリーツをたたんだスカート部分は、それでもわたくしの動きによって、パンティストッキングによって押しつぶされている柔らかな繁みさえ透かしてしまうのです
後姿は・・・鏡に映る姿の淫らさにわたくしは愕然としてしまいました
こんな姿でレジに行き・・・お会計をしなくてはならないなんて

約束の時間は迫っていました
ハンドバッグで隠すこともできないなら・・・なんでもないことのようにするしかない そう思いきってわたくしは化粧室を出ました
すぐの冷ケースを開けてペットボトルの飲み物を2つ取りレジに向かいました 

3人の男性従業員のうちの一人はわたくしに背を向けて商品の陳列をしておりました
二人目の従業員はレジの奥で伝票の処理に熱中していました
2人の視線を浴びなくていいと安心したわたくしはレジに立つ3人目の従業員に 「おねがいします」 と商品を差し出しました
お客様のない店内で退屈していた従業員はわたくしの声ではじめて視線を上げました
商品を見て、その先にあるわたくしの姿に気づくと・・・ごくっ・・と唾液を飲み込む音がしました
「いらっしゃいませ」掠れた声で・・商品を読み上げるのです「合計294円になります」
「はい」 うつむいてハンドバッグを開け小銭入れを出す・・・その動作だけでわたくしの熟した乳房は揺れ動くのです
「・・・先輩 商品をおねがいできますか?」 レジの男性従業員は伝票処理をしていたもう一人の従業員に声を掛けるのです 「少々お待ちください おつりが・・・」 すぐにもここを立ち去りたいのに・・・
「いらっしゃいませ」 伝票に目を落としたままだった少し年かさの従業員は振り返りわたくしを見るなり慌てた様にしてレジに歩み寄りました 
「お待たせしました」 レジ袋を出し・・・2本のペットボトルを入れるまで彼の視線はわたくしのはしたない姿を上下に舐めるように這うのです
「706円のお返しになります」 1円玉をとなりのレジから持ってきた従業員はやっと会計を終わらせてくれました
「ありがとうございました」 レジ袋を手渡してくれた従業員は 「お客様・・・趣味なんですか?」と小声でささやくのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]