忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
39 38 37 36 35 34 33 32 31 30 29
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彼が入っていったのは真新しいラブホテルでした
二人ではなく四人なのでパーティルームを選び彼がフロントに交渉している間も、エレベーターホールでは二人の先輩がわたくしの敏感になった身体の表面をさりげなく手でなでてゆきます
「・・・んくっ・・・・ぁぁ・・・」 車の中ほどあからさまではなく、ホテルのロビーの明かりの下ではっきりと浮き上がる白い肌を手の甲でなぞるのです フロントからは見られない様にカバーはしてくださっているのですがエレベーターからはわたくしは丸見えなのです いつ扉が開いて全く知らないカップルに見られるかと思うと・・・身体の芯から溢れるものを止める事ができませんでした
「部屋が用意出来たよ 最上階だって」 エレベーターホールに来た彼に思わずすがりつきました
「先輩たちはやさしくしてくれたろう」 彼はわたくしを壁に押し付けるようにして抱きしめてくれました
「ん・・・・」 わたくしの返事を待たずに・・・先輩たちが見ている前でキスをするのです
「トモくん・・・ぁん・・・やめて・・」 好きなセフレの彼のキスがいやなわけはないです でも・・・ここではいやだったんです
「祥子さんの声たまらなかったんだ あんな声聞かせるから ほら、僕のこんなになってるんだからキスくらいゆるしてくれよ」 わたくしの手を掴むとスラックスの前に持ってゆくのです 彼のはいままでにないくらい堅く大きくなってました
「もう先走りまで濡れてるんだ いいだろう」 到着したエレベーターに乗り込み上がってゆく僅かな間さえ唇をはなしてはくれません
「あ・・・ん・・んん」 
二人の先輩はエレベーターの釦を押し、ドアを押えてわたくしたちをじっと見ているのです  エレベーターが上がってゆく間にも何かを言っているようですが両耳を塞いで彼の舌づかいまで響くようなキスをされていましたからわたくしには聞こえません  聞こえていたら・・・その淫らさにいたたまれなくなっていたでしょう
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]