忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
44 43 42 41 40 39 38 37 36 35 34
25 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ほら・・・こんなに柔らかくなる」 ぬるっと指を入れられてしまいました 
「ああぁいぃああ」
「そんな声を上げちゃだめじゃないか 先輩たちに聞こえちゃうよ ほら・・・感じてるんだね」 ボディソープですべりの良くなっている指を抜き差しして・・・2重に括約筋が締める独特のアナルの感触を彼は楽しんでいました
さきほど射精したばかりなのに・・・二人のぬるぬるした身体に挟まれた彼のものは・・・もう堅く立ち上がっていました
「今夜はバージンをもらうよ 祥子さん」 キスをして・・・ささやくのです
「あうっ・・・いたいの・・・やさしく・・し・て・・・」 
 
「祥子さんのバージンを奪えるんだから 優しくしてあげるよ」
「あうっ・・・」 言葉とは反対に彼は一度抜いた指を・・・2本にして捻る様に入れるのです
「もう2本も飲み込んでる やっぱりいい 祥子さんのアナル」
「あぁ・・はぁああん・・・ふぁああ・・・いい」 彼の2本の指に止めつけられて抱きしめられて彼のキスとアナルからの快感にもう抵抗はできません
たった一度の経験なのに・・・わたくしのアナルはただの排泄器官ではなく性感帯になっていました
「ああん・・・ゆるして・・トモくぅぅん・・あ・・だめ」 甘く高く絡み付くような声になってしまいます
「指さえこんなに締めるなんて・・楽しみだよ 祥子さん」 白くなめらかな肌に堅く熱くひくつく塊をこすりつける様にして彼は囁きます
「アナルでセックスできるようになろうね いつでも祥子さんを抱けるように」 言いながら2本の指をぐるぐる回してアナルを広がるような動きをし・・・それから指の動きを早め・・・快感を高めるのです
「あん・・だめ・・・いっちゃう・・・トモぉくぅぅん・・・あぁあぉぉ」 彼の指で・・アナルで・・・わたくしは達してしまいました
 
彼はキスをしながら指をゆっくりと引き出しました
「ふふふ 祥子さんのアナルは綺麗なんだね ほっとしたよ これから浣腸なんてしたくないからね」
「いやぁぁ・・・・」 強制排泄を意味する彼の言葉に弱々しく首を横に振ります
「しないよ こんなに綺麗なんだから さ、ほかの所を洗おう」 シャワーを首筋からかけ・・・彼の出した精液を丹念に指でかき出すようにされて流されました
 
真っ白なバストに唇をつけた彼は 「二人の先輩にいっしょに可愛がってもらってなさい あとから僕もいくから わかりましたね 祥子さん」
「はぁん・・・あん」 乳首だけでなく白い肌も彼の唇に吸い上げられて・・・両の乳房に2つづつ赤い印をつけられてからベッドルームにもどるように言われたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]