忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
48 47 46 45 44 43 42 41 40 39 38
24 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ほんとうにいいみたいですね 僕も後で試させてもらいますよ」 ベッドエンドに立ってみていた声の優しい先輩の声はほんとうに羨ましそうでした
「祥子さん 腰をもっと上げてください いまならもう楽にできるでしょう」 ピシッ 
「いやっ・・・」 白く盛上がる腰をスパンキングするのです
「自分で高く上げますか?それとも僕の手で引き上げさせられたいですか?」 どうしていいのかわからなくて、塊を舐め続けている首を弱く左右に振るしかできません
「仕方ないですね フェラチオでシーツを濡らすほど感じているのに子供みたいな真似をして ほら、こうです」 わたくしの柔らかい白い腰に指が埋もれるほどに強く掴んで膝立ちになるまでわたくしの腰をひきあげるのです
「あっ・・・だめぇ」 わたくしの両手は背の高い先輩の腰にまわさせられ、髪を掴む手によって頭を上下させられていました 支えのない上半身はGカップの胸を押しつぶす様にベッドに押し付けられています
「いい景色ですね 見ているだけでもいい」 腰だけを高く上げたはしたない姿にさせられてしまいました
「トモと激しくしてるからどんなに淫らな姿かと思いましたが、意外ですね まだピンクだなんて 花びらも肉厚だけれど小振りで、こんなにいやらしい祥子さんには似合いませんね ああ、珠はこんなに大きくて ふ やっぱり熟女ということですかね」 わたくしを後から眺めて淫媚で優しい声でわざとわたくしの花園の姿を聞かせるのです
「いやぁぁぁ・・・みないでぇえぇぇ」
 
「トモ 祥子さんを僕に譲ってくれませんか?」 ビールを飲む彼に無邪気に声のやさしい先輩は声をかけます
「先輩 そんなに気に入ったんですか? でも、だめです 祥子さんは僕のものだから そうですね 祥子さんがいいって言ったらまたこうやって一緒にしましょう」
「だめぇ・・・トモくぅぅん」 彼との二人きりでは逢えなくなるかも・・・思い直してほしくて抵抗の声を上げてしまいました
「可愛いじゃないですか トモに抗議するなんて 4Pでもうこんなに感じてる淫乱なお姉さんのくせに 祥子さん」 ぺろぉぉっ・・・・長い舌で大きくなった真珠から後のつぼみまでを一気に舐め上げられました
「あうっ・・・あぁぁぁ・・・」 フェラチオも忘れて快感に声を上げてしまいました
「ほら、休んじゃだめだろ 祥子さん」 背の高い先輩は髪を掴んだ手でわたくしの顔を塊にすりつけるようにします
くちゅぅ・・ちゅうぅぅ・・・ずずっ・・・ 真後ろではもう一人の先輩とわたくしの下のお口とのディープキスがはじまっていました
「あはぁん・・・・ぺろぉ・・・くちゅ・ぁぁ・・いい」 左右の花びらを唇ではさみ舌先でねぶり、大きくなった真珠を甘噛みします
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
パラドキシカルさん こんばんわ
いつもコメントありがとうございます

今夜遅くにもう1章アップする予定です
楽しみにお待ちください
9月11日 17:27
祥子 URL 2006/08/05(Sat)20:03:38 編集
無題
いいですねー。

興奮しちゃいますよー。
9月11日 16:51
パラドキシカル 2006/08/05(Sat)20:02:22 編集
無題
こめんと頂いてありがとう^^

僕のHNのせいか、時々女性に間違われるんですよ^^
 そんなに気にしないで下さい。

また、お邪魔させて頂きます(^_-)
9月11日 16:31
AMU URL 2006/08/05(Sat)19:56:31 編集
AMUさん
ごめんなさい AMUさん

ハンドルネームとお話の感じで勝手に女性だと思ってしまって
いまブログを見せていただいて・・・れっきとした男性だとわかりました
お詫びと訂正をさせてください

これに懲りずにぜひまたいらしてくださいね
ほんとうにごめんなさい
9月11日 15:53
祥子 URL 2006/08/05(Sat)19:55:17 編集
AMUさん
コメントありがとうございます

女性の方からのはじめてのコメントなのでとてもうれしいです
経験については・・・あえてノーコメントにさせていただきます
後ほどAMUさんのブログにもお邪魔いたします
ぜひぜひ、いろいろなご感想聞かせてくださいませ
またコメントをいただけるのを楽しみにしております
9月11日 15:50
祥子 URL 2006/08/05(Sat)19:54:33 編集
無題
祥子さん初めまして♪ 

官能的です! 
読んでると体が疼いてきちゃいます!
こんな表現できるのは、経験がないと無理ですよね(*^o^)/
 って、勝手に決め付けちゃってゴメンなさい(^^;)
 
9月11日 15:19
AMU URL 2006/08/05(Sat)19:54:11 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]