忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
46 45 44 43 42 41 40 39 38 37 36
29 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「濡れやすい身体だって トモ言ってたよな」 背の高い先輩がわたくしのふとももを開き、花びらにふれようとするのです

「あっ・・・いや トモくんと・・あん・・どんな話をしてたんですかぁぁ」 これ以上の刺激をさせたくなくて太ももに力をいれたんです でも間に合わなくて 先輩の指は濡れそぼる花びらと大きくなりはじめた真珠に届いてしまいました
「おぉ すごいぞ もう洪水だよ」 引き抜いた3本の指先がぬめるように光っているのをもうひとりの先輩に見せつけるのです
「トモ こんないやらしい身体のセフレがいていいなぁ」 ソファーに向かって声をかけるのです
そこには、バスローブを羽織った彼がソファーで一人ビールを飲んでいました
 
「トモくぅぅん たすけて」 ビールを置きベッドに近づくと、わたくしに軽く唇をふれるようなキスをして微笑むのです
「先輩たちにいっしょに可愛がってくださいってお願いしたのは祥子さんでしょう あとで僕もいっしょにしてあげますから いまは二人にしてもらいなさい ぼくはそこで見ていますから」
「いやぁ・・・トモくん」 彼と話す間にわたくしの足元にうつった背の高い先輩はわたくしの足首をぐいと広げました
「見ないで・・・だめぇぇ」 会陰まで滴った愛液をじゅるるるとすすりあげるのです
「あうん・・・あぁぁぁ」 「溢れますね・・・いくらでも こんなに珠もおおきくして」 潤みにおおわれた敏感な真珠を舐め上げるのです
「好きな男の前で他の男にされてるのに こんなにぐしょぐしょに濡れるなんていやらしい女だな」 口のまわりを愛液でてからせて舌なめずりをしながらわざと彼のことを聞かせます
「ちがうのぉぉ・・・そんなんじゃないわ・・はあぁぁ」 
「口でそういっても身体は正直ですよ 祥子さん」 先ほどまで彼の塊を受け入れていたところを長い舌を押し込まれます
「トモ ずいぶん丁寧に洗ってきたんだな 祥子さんの愛液の味しかしないよ」 くちゅ・・・舌が花びらの脇を舐め上げます
「もちろんですよ 先輩たちにそんな失礼なことできませんから」 からかうような声で彼が答えます
 
「そんなに丁寧に洗ったから祥子さんがあんな喘ぎ声をあげてたんですね トモだめじゃないか ふふ」 やさしい声の先輩が乳房をいらいながらわざとわたくしの耳元で言うのです
「いや・・ん・・・」 バスルームで声を上げた理由を知られたくなくて・・耳まで紅くなってしまいました
「トモからいろいろ聞き出したんですよ 祥子さんのこと」 耳を甘噛みし、乳房の感触を楽しみながら続けるのです
「16歳年上のセフレがいるっていうから最初はからかったんですよ オバ専かって」 耳たぶから耳の貝殻のようなくぼみまでを舌でたどります
「そうしたらトモがムキになってそんなんじゃないって言うじゃないですか」 耳の穴までが快感の壷だというように舌先を出し入れするのです
「色白でGカップのバストでフェラチオは絶品で名器でしまりもいい・・喘ぐ声だけで立つ・・女性としても素敵なんだと トモはめろめろでしたよ」 濡れた耳にふっと息をかけ 「あん・・だめ」 敏感になったわたくしの身体をピクンとさせてからやっと首筋に唇をうつすのです
「そこまで言われたら抱きたくなるのもあたりまえだと思いませんか? 祥子さん」 アップにたばねたロングヘアの後れ毛を指でかきあげながら敏感な首筋を舌で舐め上げるのです
「想像以上でしたよ いままで確かめた部分はね あとは名器のあそこだけ きっといいのでしょうね」 「いやあぁぁぁ」 両手を頭上に押えられる様にして強く吸われた乳首から走る快感は先輩が送り込む羞恥の言葉で拡大されて 彼が見ているというのに高い甘声となて唇から漏れてしまいました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]