忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
47 46 45 44 43 42 41 40 39 38 37
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「替わってくれないか?」 乳房を唇でねぶっていた先輩がわたくしの足元で溢れる愛液を舐め続ける背の高い先輩に声をかけました。
「あん・・あはぁ」 ずっと花びらを舐め回され花芯を舌で突き上げられて何度となく高められてしまうんです でも上り詰める寸前になると・・・舌使いを止められて・・・疼きをよりいっそう深めさせるのです
「そろそろ我慢できなくなってきましたから、その前に祥子さんの下の唇の味も知りたいからね」 もう一度味わうようにディープキスをするんです。
「んふっく・・・」 口の中を舐め回す優しい声の先輩の舌の動きは絶妙で、フェラチオで男性に性器のようだと言われるわたくしの口を、本当の性器のように淫らに感じる場所に変えてしまうんです
「ああ 祥子さんのジュースが美味しいから夢中になってしまったよ」 二人の男性がベッドを降り、快感に蕩けてしどけなく横たわるわたくしの身体を責めるための位置を替わります
 
「祥子さんのフェラいいんだろ 試させてもらうよ」 わたくしの頭側に来た背の高い先輩はベッドにあぐらをかいて座ると わたくしに・・・さあと促すのです
快感の余韻が残る身体を引き起こして彼の前に正座しました そのままあぐらに顔を埋めるように頭を下ろし・・・堅くそびえ立つ塊に濡れた唇をつけました
「っく・・・こんなフェラ・・・」 わずかに開けた唇を押し付ける様にしてそのままぐぅっと塊を唇の中に押し込んでゆきます 口腔に入った先端はざらざらした口蓋で擦れるように裏の筋を舌で舐め押し上げながら、塊を全て押し込むように喉の奥までゆっくりと飲み込んでゆくのです
喉奥を突くほどに深く含み、軽く締め付ける唇で閉じられた口内が唾液で満たされるまでは・・・狭い口腔の空間を舌が上下左右に動き回ります
「奥まで飲み込んで・・んくっ・・・舌がからみつく」 唾液が唇の端から先輩のアンダーヘアにしたたるほどに口内に溢れたら・・・唾液を吸い込むようにずずっ・・・と音をさせて塊を吸い込むようにしながら頭を上下させるんです
「なんだよ・・これ・・・すごいぞ」 くちゅ・・ちゅぱ・・くちゃ・・ わたくしの頭の動きに合わせて唇からははしたない音が響きます
 「すげっ トモ ほんとに上手いんだな プロなみだぜ」 乱暴にわたくしの髪に手を入れ頭を上下させはじめました
「こんなに奥まで・・もっとなめあげて いいぞ 美味いか?」 性感を引き出されたわたくしの口内を堅くかりの張った塊が動き回るのです
「あぅん・・・ちゅ・くぅぅ・・おいし・・い・・ですぅ・・」 キスとは違う荒々しい刺激にわたくしはお相手を満足させる口技ではなく、わたくし自身が快感を得る口戯をはじめて経験していました
「くっ・・・このままじゃ口でいきそうだ ちょっと止めて舐めてくれ」 掴んだ髪ごとわたくしの頭を引き上げ、口腔から脈打つ塊を引き抜きます ひくひくと動く塊は根元までわたくしの唾液で濡れ光っていました
「ちゅぅ・・・ぺろぉっぅ・・・ぴちょ・・」 塊を這う舌先を見下ろすだけでも背の高い先輩が感じているのは、先端に溢れる透明な汁でわかります
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
40代のおじさま
コメントありがとうございます

そんなこと・・・お恥ずかしい限りです
男性の方たちに導かれるままに乱れてしまう恥ずかしい姿を記しているだけですから
これからもお書きになってらっしゃる先輩としてぜひいろいろ教えてくださいませ

またお越しいただく事を楽しみにお待ちしております
9月11日 16:01
祥子 URL 2006/08/05(Sat)19:32:31 編集
無題
初めまして!
私も妄想して書いていますが、祥子さんのは凄く良いですね~
私のは恥ずかしくなっちゃいました
こんなに文才あったらな~

また寄らせていただきますね
9月11日 14:59
40代のおじさん URL 2006/08/05(Sat)19:31:54 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]