忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
51 50 49 48 47 46 45 44 43 42 41
22 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「先輩たちはそちらで写真でも鑑賞しててください」 恥ずかしさと写真を見られた驚きで落としてしまったわたくしの腰を彼の手がぐいと引き上げます
「祥子さん いいですね」 丸ぁるく白い二つの盛り上がりを彼の長い指が割り開くのです
「トモぉ 俺たちはまたお預けかよ」 乳首を音がするほど舐めながら横たわった先輩が不平そうに声をもらします
「あと少しですから ちょっと待っててください」 愛液ともう一人の先輩の唾液に濡れ光る狭間に冷たいものが滴り落ちました
「だめっ・・・あうっぁぁぁ」 ローションを塗り込めるようにしながら彼の中指が容赦なくアナルに差し入れられました
「あはぁぁん・・・や・・いやぁぁあ」 身体のどの部位を愛撫される時よりも・・・排泄器官でしかないアナルを責められる時には一段高い声を上げてしまうんです
「声が変わったぞ トモ、何をしてるんですか」 優しげな声でそういうと写真をベッドの上のもう一人に手渡した先輩が彼の方に戻ってゆきます
「力を抜かなきゃだめじゃないか 祥子さん」 さきほどの二人きりのバスルームではなく他の人の居る前でアナルを刺激される恥ずかしさは自然と身体が収縮してしまいました
「はぁぁぁ・・・・・ん」 「そう 指がちぎれるじゃないか そんなに締め付けたら」 息を吐き出すと同時にスムースになったアナルにゆっくりと指を出し入れするのです
「祥子さんはアナルも使えるのか?」 ごくっと喉を鳴らし優しい声をうわずらせながら先輩が彼に話しかけます
「いや はじめてですよ」 指の動きを早め指先で内臓をこすり上げる様にしながら彼は答えます
「それにしちゃ 慣れた感じだぞ」 「どれどれ」 もう一人の先輩までがベッドを降りて後にまわるんです
「さっきバスルームで少しね 先輩たちに胸を触られるだけであんなに濡らすからお仕置きしたんですよ」 一旦抜いた指を二人に見せるんです 「ほら 綺麗でしょう だから今夜アナルバージンをもらうことにしたんです」
「あ・あぁ・・ああああ」 彼は指を2本にしてゆっくりとアナルに沈めはじめました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パラドキシカルさん
ええ 実は予想以上に彼と先輩が激しくて・・・
わたくしの長い夜はまだまだ終わりそうにないんです
元の上司との後味の悪い再会を
可愛い・年下のセフレに甘えて癒したかっただけなんですけれど ね
9月12日 23:45
祥子 URL 2006/08/05(Sat)20:28:39 編集
無題
長編ですねー。

アナルセックスはしたことないですねー。

どうなっていくのかなー。
9月12日 17:36
パラドキシカル 2006/08/05(Sat)20:27:43 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]