忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
50 49 48 47 46 45 44 43 42 41 40
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「いやぁ・・ぁ・・んぐぅ・・・」 知らないうちに卑劣な上司に撮られていた写真を好きな男性に見られる羞恥の声を上げる間もなく、唇には透明汁をしたたらせた塊を押し込まれてしまいました

「ああ 何度くわえてもらっても飽きない 口で出してしまいそうだよ」 背の高い先輩は堪えられない様にわたくしの頭を押さえつけて喉の奥にぐりぐりと塊の先を押し付けるようにこねまわすのです
「舌が絡み付くんだ こんなの良すぎるよ トモもうしてもいいだろ」 わたくしの口の中は透明にねとついた先走りの粘りと香りで噎せ返りそうです
「もう我慢できませんか?先輩」 彼の声が聞こえます 
「仕方ないですね 二人ではじめていてください」
ゆっくりと喉奥から塊を抜き、わたくしに両手をつかせて四つん這いにします
ベッドとあぐらをかいた先輩の太ももでもみしだかれていた乳首をベッドに仰向けに寝転び・・・頭を身体の下に押し込むようにして吸い立てるのです
「あはぁぁん・・・いやぁ・・あぁああぁぁ」 敏感に疼き続けた乳首から大きくなった真珠に向けてしびれるような快感が響きました
「Gカップだって言ったっけ こんなに柔らかくて白くて大きい乳房もはじめてだよ 吸ってたらミルクが出そうだ」 左手でバストをきつく揉みしだいて右の乳首を吸い上げるアンバランスな刺激にわたくしは焦れて腰をくねくねと動かしてしまいました
 
「祥子さん おとなしくできないんですか はしたないですね」 口の周りをぬらぬらと光らせて優しい声の先輩が立ち上がりました
「唾液も甘かったですけれど愛液も美味しいんですね 上の唇のキスも下の唇のキスも・・・・味わうほどに未練が募りますね」 唇を外しても愛液で濡れた中指と人差し指は花びらと真珠を離しません
「また白い愛液が溢れたと思ったら・・・そんなことをしてたんですね さっきトモとあんなに激しく達したのにバストの刺激だけでいつまでも濡れるなんてほんとうに祥子さんは淫乱なんですね」 2本の指が花びらの狭間にするっと入り込みます
「内壁の感触もすばらしいですね 指だけでもこんなに締め付ける ここ・・このざらざらは数の子天井ですね ん、本当に名器なんですね」 指を曲げてくねる内壁をこすりあげます
「はあぁん・・・ああ・・・だめぇぇえ」
「そう簡単にはいかせてはあげませんよ いつまでこんなに愛液を垂れ流せるんでしょうね 祥子さん」 わたくしの身体の中の触覚を堪能している先輩の手は指だけでなく手のひらまで濡れ始めていました
二人の先輩のどちらかが身体に快感を送り込み、もう一人が快感に霞む脳に<はしたなく淫乱な女>という羞恥の印を言葉で刻み込もうとするのです
 
「先輩 指がふやけてしまいませんか? 祥子さんはほんとうにぐっしょり濡れるから」 そう言いながら左手にもっていた10枚の写真を差し出します
「祥子さん すごいですよ 牝の匂いがぷんぷんしてます」 彼の声が背中からきこえます
「これ 祥子さんか? ふうん・・可愛いんだな ふふ」 その一言で彼が先輩に何を渡したのかに気づきました
「だめぇぇ・・・みないでぇぇぇ」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
AMUさん
AMUさんありがとうございます
少しですが新しい章をアップしました
どうかお楽しみください
9月12日 17:02
祥子 URL 2006/08/05(Sat)20:20:54 編集
無題
こんにちは^^

今日も読ませて戴いてますよ(*^o^)/
9月12日 16:33
AMU URL 2006/08/05(Sat)20:20:29 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]