忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
42 41 40 39 38 37 36 35 34 33 32
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつの間にかシャワーを浴び、バスローブ姿になった二人の先輩はビールを手に発情した獣のようなわたくしと彼の姿を見つめていました
 
「トモに激しくされてうれしいみたいですね 祥子さん」 優しいと思った声は甘い分だけ淫らな匂いを強くします
「祥子さんの声と濡れている音 ビデオよりいやらしいよ 股間にびんびんくる」 ごくっと喉をならしてビールを飲み込みながら消えているTV画面を指差します 「胸やっぱり大きいですね 吸い付きたい」
「トモの後ろ姿より祥子さんのいき顔のほうがやっぱりいいな」 含み笑いをするようにビールに濡れた唇を舐めるのです
「見られているほうがいいみたいですね やっぱりMなんだ そうですよね祥子さん」 
「ちがう・・わ・・ぁん」 否定の声も快感に飲み込まれてしまいます
「トモいつもよりも締まるだろう」
「そんなに何度もいくんだ トモのそんなにいいですか? 俺のより?」 背の高い先輩はバスローブの前を広げてトランクスの中で大きくなっているものをこれ見よがしにみせつけるんです
「トモ早く俺達にも祥子さんを味あわせてくれよ!!」
二人の先輩の口から出るのは・・・若い・直接的で・淫らな言葉での責めでした
「ん・・・いやぁぁ・・・はぁぁ」 彼とふたりだけの行為を見られ、言葉で嬲られて彼の塊を飲みこんでいるわたくしの中はひくひくと蠢いてしまうんです
「いいですよ 祥子さんの身体は最高です」 わたくしの身体の反応にあわせて腰を微妙に動かしながら言うのです
「祥子さん 自分の口でお願いするんだ はしたない身体を一緒に嬲ってくださいって」 両腕を引き上げられてより強調された黒いシルクに包まれた揺れるバストを、二人の先輩に見せつける様に彼はいっそう強く腰を叩き付けます
「いっちゃう・・・トモくぅんんん・・・いくのぉぉ」 わたくしの声に彼は腰の動きをとめるのです 奥までいれたままぐりぐりと腰をまわして でも頂上を目指させてはくれないのです
「いかせてあげるから 僕が教えた通りに言うんです そうしたら今度こそ祥子さんの好きな僕のミルクを子宮に直接注いであげるよ」 「どうする? 祥子さん」
「あはぁぁん・・・おねがい・・いかせてぇえ・・・おかしくなるぅぅ」 女壷を押し広げられ弱い奥を微妙に刺激される生殺しの状態に・・・はしたないおねだりをしてしまいます
「さぁ・・・言うんだ」 彼の激しい突き上げが再開されました
「はあぁ・・・いっちゃう・・・祥子・・・ああ・・・おねがぁいですぅぅぅ・・・どう・か・・・しょうこのぉ・・・いいの・・・はしたないからだを・・・トモくぅんといっしょに…嬲って・・・くだ・・・ぁぁあぁ・・・いい・・・ああぁ・・・いっちゃうぅぅぅ・・・いくぅぅぅ」
「良く言えましたね祥子さん いけ・・・いきまくれ!!」 屈辱の台詞を口にして羞恥に快感を高められ締め付けをきつくするわたくしの身体に、射精の近い彼は塊を一回り大きくします
「出すぞ!!!」 「いくぅっっ・・・・」 彼に身体の奥深くに熱くて白い精液を直接注ぎ込まれながら わたくしは何度目かの絶頂を迎えました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]