忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
41 40 39 38 37 36 35 34 33 32 31
22 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あはぁぁぁああん・・・すご・・い・・ぃぃ」 スラックスが床に落ちる音とジャケットを脱ぎ捨てる音が聞こえたと思った途端彼はわたくしの腰を鷲掴みにし・・・叩き付けるように奥まではげしく突き上げたのです
「祥子さんは 僕じゃない男に触られてもこんなに濡れるんだ なんて淫乱な女なんだ」 「ごめ・・ん・・なさぁいぃぃ・・・トモくぅん・・・ゆるし・・て・・ぇぇ・・・い・・いぃぃぃ」 彼の言葉責めと子宮口を突く彼の塊に快感を送り込まれて、わたくしはとうとう自分からも腰を動かして彼のひときわ大きなものを飲み込み締め上げてしまうのです
「あぁいい祥子さん こんなふうにされるほうがいつもより締まるな」 彼の言葉通りわたくしの潤いを溢れさせた女壷はわたくしの意志とは別にひくひくと奥と中程で男性を握りしめるように不規則に収縮をくりかえしています
「あぁぁ・・・トモくぅん いっちゃう・・・ゆるしてぇぇえ・・・いくぅぅ」 何度も達する事を押さえ込んでいた身体ははしたなく快感の頂上へと駆け上がろうとします
「いけよ ほら 祥子 いくんだ」 わたくしの声で塊をまた一回り大きくした彼は広がったカリでわたくしの数の子といわれる女壷の壁面をかき出すのです
「あぁぁぁぁ・・・いくぅぅぅ」 シルクの黒のワンピースを着てストッキングを破かれた姿で後から貫かれたままでわたくしは今夜はじめての絶頂を自分に許しました
 
きゅぅぅっと・・そしてひくひくと 絶頂にあわせて他の動物が胎内に宿った様にわたくしの中は蠢くのです
なのに・・・彼は動きを止めることもせず 滾ったままのもので突きつづけるのです
「おねがい・・・ゆるしてぇ・・・トモくぅん・・・だぁめぇぇぇ」 
「僕はまだ満足してないんだ 祥子さん もっと何度もいっていいんだ いけ」 シルクのワンピースの中では彼に突かれるたびに揺れて擦れる乳首が堅くしこっていました
垂れ下がり揺れる白い乳房を後からワンピースごと握りしめてもみしだくのです
「こんな風に先輩たちに嬲られたのか? それでこんなに濡れてるのか祥子さん」
後から貫いたまま・・・乳房ごと上半身を引き上げて彼はわたくしの身体を応接セットの方に向けてしまいました
 
「いやぁっ・・・・」 何度も絶頂を極め・・・喘ぎを漏らし続けるわたくしの顔ははしたなく紅に染まっていたことでしょう 何本もの伝線の走るパンティストッキングには彼のものでかき出された白濁した愛液が・・・幾筋もひざまで滴っていました
「さぁ 祥子さん 許してあげますから 先輩達に祥子さんの口から頼みなさい」 わたくしの両手を掴み手綱のように後に引き寄せぐちょぐちょと淫らな音を響かせながら彼が言います
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
>シルクの黒のワンピースを着てストッキングを破かれた姿で後から貫かれたままで
>わたくしは今夜はじめての絶頂を自分に許しました

ここが特に気に入りました。
じつにリアルですね。^^
女性が我が身にかけるほどよい抑制は、却って男性の欲情を刺激するようです。
9月14日 20:46
柏木 2006/08/05(Sat)18:33:48 編集
パラドキシカルさん
こんにちわ コメントありがとうございます
ん・・・いままでの方たちと違って
お付き合いをして2年くらいになる大好きなセフレの彼との行為だったので
ちょっと破廉恥になってしまったのかもしれません
あまり・・・ここまで乱れてしまうと、パラドキシカルさんのお好みではないかしら
このお話はまだまだ続きます
またコメントいただけるとうれしいです
祥子 URL 2006/08/05(Sat)18:33:02 編集
無題
すごいですね。

ここまでくると、書店で売っている官能小説と変わらないですね。
9月9日 11:41
パラドキシカル 2006/08/05(Sat)18:32:25 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]