忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
40 39 38 37 36 35 34 33 32 31 30
17 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「トモがSだなんて初耳だよ」 「どうすればこんなお姉さんを調教できるのかお手並みを拝見したいね」 「あんな白い肌と大きな胸を独り占めなんてずるいよな」 「女の匂いがぷんぷんする」 「トモ独り占めはなしだぞ 」 「ああ 喘ぎ声だけで勃っちゃいそうだ」 etc.etc.
お二人の先輩方の声が彼を刺激していたのは間違いないと思います
舌を絡ませる彼のものが・・・わたくしのお腹の上でどんどんと堅さを増してゆくのです やがてそれはひとりでにひくひくと脈打ちはじめました
  
「降りるよ」 エレベーターの停止した振動でわたくしは我に返りました
キーを持ったのは細身で背の高いほうの先輩でした。もう一人の小柄だけれど優しい声の方はわたくしとトモくんの後から・・・わたくしのヒップの盛り上がりに視線を据えて・・ゆっくりと着いてきました
「パーティルームって広いんだな」 細身の先輩はドアを開けるなりそう言ってベッドの側のコントローラーへ向かい照明をほんの少し落としました
「喉乾いたな」 優しい声の先輩は冷蔵庫を探しビールを持ってソファーに座りました
 
あんなに・・・二人ともだったのに・・・どうして?
部屋の明かりを最初から落とすなんて普通男の方はあまりしたがらないのに
すぐに3人で犯されるのかと思っていたのに
先日の3人の男性との夜を思い起こして・・・ぼうっとなったままドアの脇にバッグを持ったままでわたくしは彼を待っていました
 
「あっ・・・トモくん なにをするの」 彼は部屋に入ってくるなり無言で強引に壁際に立っているわたくしを後ろ向きにしました
「壁に手を突くんだ」 背中を強く押され壁に手を突かせてわたくしの腰を彼に向けて差し出す様にさせると、スカートを背中に向けてまくりあげられ・・・乱暴に濡れたパンティストッキングのクロッチを破いて・・・
「いやぁ・・・乱暴にしない・・・あっああぁぁぁ・・・・」 彼は熱く堅くなった塊で後からわたくしを貫きました
透けたワンピースの下に男の手で破かれたストッキングとハイヒールのパンプスだけを身につけたわたくしを、スーツのジャケットすら着たままでファスナーを下ろした前立てから猛々しい塊だけを引き出して激しく犯しつづける彼
「抵抗もなく入るなんて 祥子さん いつもよりも感じたんですか」 「ちが・・う・・のぉ…トモくぅぅ・・・ん」 無言で激しく突き入れた後で彼は言葉嬲りをはじめるのです
「先輩達にさわられてこんなに濡らすなんて僕ショックだなぁ」 わたくしが奥が弱く感じやすいことやバックが一番感じる部分を刺激されていつも高い喘ぎ声を出す事を彼は知っているのです
「あん・・・あぁ・・・いやぁぁ・・・そこぉぉだめぇぇぇぇ」
「こんなに白濁した愛液を垂れ流すなんて スーツを汚しそうだよ 祥子さん なんていやらしいんだ」 わたくしの中に塊を入れて子宮口をこね回すように腰を動かしながらベルトを外す音が聞こえます 
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]