忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 23 21 469 20 19 18 17 16 15 14
19 2017 / 10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02 2005 / 09
わたくしが表情に怯えをにじませたのを確かめてから、男性はゆっくりとストレッチのタイトスカートを両脇をつまむようにして引き上げてゆきます
「お茶室の青畳の香りも祥子さんのフェロモンにはかないませんね」 オープンクロッチのガータータイプのストッキングに、太ももの白い肌に、そしてピンクの花を散らした紺地のパンティにスリップごと擦れる様にずりあがってゆくスカートの裾を一瞥することもなく、伏せることしかできないわたくしの顔をじっと見つめながら男性は恥ずかしい言葉を口にするのです
「こんなパンティでは帰れないじゃないですか 男を発情させる匂いを振りまいて電車で帰るつもりですか 祥子さん」 スカートの裾がウエストまで上がったところで、わたくしの前に片膝をついた男性は鼻先を堅く閉じ合わせたふとももの合わせ目に寄せ大きく息を吸い込むのです
「ほらこんなにいやらしいフェロモンが立ち上ってる いい香りだ こんな香りをしみ込ませたパンティのままで帰ってはいけませんね」 そういってわたくしのパンティを脱がしてゆくんです
「可憐なランジェリーのセットですね 欠けてしまうのはもったいないでしょうから、必ず来月のライブにはいらしてくださいね 可愛そうですからブラは返してあげましょう このパンティのほうが価値がありそうだ」 男性は腰のポケットからきれいにたたまれたわたくしのブラを出し、床の間に置きました
「ああ、もうまっしろなんだね・・・愛液」 紺地のパンティのクロッチについた白い愛液のしみを指でなぞりその指を・・・まるでフランス料理のソースの味を確かめる様に舐めるんです
「いやぁ・・・」 ぴちょ・・・彼の舌の音がラウンジのBlue in Greenと離れのお客様の笑い声より大きく、わたくしの羞恥心をあおるように響くのです

「囚われの女王だね・・・さながら  絶景ですよ」 男性は床柱の周りをまわるようにしてわたくしを視姦するのです
「もっと楽しみたいが今夜はもう時間がないらしい ライブの時間だけではものたりないですね 祥子さんもそうでしょう」 つと立ち上がった男性はわたくしの後にまわり手首のハンカチをほどくのです
「せっかくの茶室だ 思い切り楽しませてもらうとしよう」 ファスナーを下ろし黒のスラックスと黒のボクサーパンツから大きく立ち上がった逞しいものを引き出すのです・・・そして手首を掴んだままで離れとの間の中庭を望む雪見障子のところまでわたくしを連れてゆくのです
「本当は中庭で楽しみたいが支配人を放っておいてはかわいそうだからね ここで中庭をみながら楽しもうじゃないか」 空いている手で障子を開けるとそこは一面のガラス窓でした
「ここに手をついて・・・わかるね・・・脚は開くんだ もっと!」 パシィ!男性の手のひらがわたくしの白く大きなお尻に紅い手形をつけるのです
「ひぃ・・・ゆるし・て・・・くださ・・い ゆるして」 背中を押され腰を高くあげさせられた姿を後から満足げに眺めた男性は、わたくしの中心にぐいと腰を押し進めました
「あっ・・・あぁぁぁ」 くちゅ・・・・くちょ・・・ 男性のものが刺さり込むようにわたくしの中に・・・押えてもこぼれ出る喘ぎに愛液に満ちたわたくしを逞しい男性がかき回す音が重なります
「直接触れてもいないのにこんなに溢れさせて」 そう言いながらわたくしの両腕をつかんで後から激しく抜き差しするのです 「はぅぅん・・・あはぁ・・・あふ・・・あぁぁぁ」
「こんな匂いをさせて電車に乗るなんて どんな男が痴漢になっても罪はないさ・・・せっかくだからノーブラで帰るかい・・・祥子・・・淫乱な痴女・・・」
「ぁぁぁ・・・・んふんん・・・・」 「だめじゃないか 祥子 ライブの邪魔をしちゃ それとも離れの男性にこの姿を見られたいのかい?」 唇を噛み締めて声を押え首をふるわたくしに 「いいこだ・・・ご褒美をあげよう」 わたくしの両手を離しそのまま身体をかぶせて動きに合わせて揺れる乳房を鷲掴みにするんです
「しまるな・・・動かなくても気持いいくらいだ ひくひくと祥子の中に淫らな動物がいるようだよ・・・祥子の中のいろんなところが動いて俺を刺激してる・・・ほら・・俺が感じてるのがわかるな」 わたくしの堅くしこりたった乳首を指の間にはさむようにして揉みしだくのです 男性の指の動きに合わせて奥と中ほどが締まるわたくしの身体に・・・密着したままの男性のものがまた一段大きくなり・・・わたくしの奥をぐりぐりと刺激するんです
「あん・・・いいですぅ・・・奥がいいの・ぉ・・・いってしまうぅぅ・・いくぅ・・・あはぁぁん」 男性の言葉と縄の様にわたくしを締め付ける指と・・・身体を刺激する太くて大きい塊がじらされ続け熟したわたくしをはしたない言葉を口にしてしまうほどに羞恥で蕩けさせてしまうのです
「おねがい・・ゆるして・・・あぁあぁぁ・・・おねがい・・・ちょうだい しょうこを・・・いかせ・・て・・くださ・・いぃぃ」
「また・・・あうっ きゅうってしてるぞ 胸もゆれて・・・全身性器だな 祥子 いいぞ このままいくからな」 彼は両腕をわたくしの白い腰を掴んで激しく突き上げました
「祥子 お前の奥に注いでやるぞ いけっ!!」 わたくしのGカップのバストを離れに向かったガラスにつぶす様に押し付けるほどに熱い塊を突き上げ、わたくしの中に・・・子宮に直接注ぎ込むように射精しました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]