忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01 2005 / 09
そのころには、イタリア製にストレッチ素材のタイトスカートに包まれた太ももの狭間はすでに濃密で香しい湿度をもった空気に満たされていました 膝を閉じようとするわたくしのももの間は男性の腕の分だけの隙間をどんどんと広げてゆくしかありません
「キスだけでこんなになるんですね 祥子さんは」 指は最も奥のレースにたどりついて柔らかな果実に触れる様に、つっ・・・と指先だけで撫で上げるのです
「あん・・・ぃゃぁ」 思わずもれるはしたない声さえ押し殺さずにはいられません
「祥子さん もしかして外でこんな風に愛されるのははじめてなんですか?」 抱きしめるようにわたくしを包み込んだ男性の上半身がゆれて、彼はわざとわたくしの視線を捉えようとするのです
「こんなに溢れさせているのに身体を堅くしたままなんて ふふ 思ったよりもウブなんですね あなた自身はこんなに熟して溢れているのに」 肩に最初にキスされたところから感じていたんです・・・止めようとしても緩急をつけて呼び覚まされた快感は押えきれなくて・・・もうはしたなく濡らしてしまってたんです
「・・・はじめてです こんな はしたない・・こ・と・・・」 震えるわたくしの声の向こうに、これでファーストセッションを終わりにします という司会者の声が流れました
「はじめてなのにまだ溢れてるんだね・・・敏感だなぁ いや淫乱なんだな」 男性の指は愛液ではりついたようになったパンティの上から敏感な真珠を・・・撫で上げ・・・撫で下ろしながらそんなことをいうのです
「おねがい許してください もう・・・だめ これ以上はだめ・・・許して」 彼の耳元に囁く様にしか言えませんでした
「ああ 庭に出てくる人がいるね」 と男性は、ふいに太ももの間を満たしていた腕を抜き池のほうを見やるのです
とっさのことで閉じそびれた膝に晩夏の風までが・・・太ももの奥を冷たくして・・・わたくし自身が濡れそぼっている事を思い知らせるのです

「もう、ワインがないんだ 新しい冷たいワインを頼むよ 彼女の分もね」 男性は庭を歩いてくる支配人を呼び止めました わたくしは眼鏡を外されて霞む視界のなかで、池の上の橋をこちらに渡ってくる支配人に姿をやっと見分けることができました
「ここは気持ちがよろしかったのではないですか 特等席なんですよ」 彼になぶられたままの姿のわたくしは、カットソーを揺らす柔らかなバストと浮かび上がる乳首の陰と頬を上気させたままの姿を隠したくて男性の方に隠れる様に身を寄せるしかなかったんです
「いい場所を教えてくれてよかったよ ただ彼女は少し酔ってしまったみたいですけれどね そうだ、氷入りの水も一緒に・・・申し訳ないね」 
「承りました」 と歩み去ろうとする支配人は、立ち止まるとわたくしの肩を抱き寄せる男性を振り返りながらこう言いました 「よろしければ・・・隣の離れはお客様がおりますが茶室が空いております 今夜は使わない予定なので灯りを入れる事はできませんが 灯りをともさなくても外のライトアップの光で十分でしょう お連れ様のお加減がよろしくなるまで休まれてはいかがですか? お飲み物もそちらにわたくしがお届けします」
「ありがとう 遠慮なく借りるとしよう」
「庭に戻られなくともそちらから降りていかれればすぐですから」 ベンチの奥の踏み石をゆびさした支配人は会釈をして本館に戻っていってしまいました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]