忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「いいこだ 祥子 そうだろう あの後一緒に写真を見ながら歩いていて私はきみのフェロモンに目眩がしそうだったよ あの場で犯したくなるのを必死で堪えていたんだからね」
男性の赤裸々な告白がわたくしの疼きをなおも煽るのです 
あのあと・・・わたくしが男性に逆らえなかった訳を聞かされた様に思えたのです
サテンのパンティは次々と溢れる愛液に濡れそぼってわたくしの姿をありありと浮き出させておりました
「祥子の茂みは濃いのかな?」
「・・・いえ・・あぁ・・どうかお許しください そんなこと 答えられません」 答えれば次につづくさらにわたくしを嬲るような質問が・・・待っているだけなのです
頭の後に組んでいた手を解きあまりの恥ずかしさに顔を覆うとしたのです
つと男性は立ち上がりわたくしの両手を後ろ手にひとまとめに掴んでしまいました

 
「まだ 質問は途中ですよ」 もう一方の手で髪を引くと仰向けた唇を乱暴に奪うのです
「ん・・ぁあふん・・」 ムートンロートシルトの薫りの唾液がわたくしの口腔に注ぎ込まれます
「んん・・・っくん」 乱暴に舌先を踊らせるとはじめたのと同じ唐突さで唇を離しました
「ここまでしても理性を失わないままなんて はじめてですよ 祥子さん」 男性に向かって突き出されたバストを覆うブラの片側の紐だけを引き下ろすのです
「こんなに熟した淫らな身体で あれだけの責めをすれば もう抱いてくださいと欲望に蕩けた眼で私にねだってもいいころなんです」
「あうっ・・・あぁはぁぁ」 露になった乳首をきつく吸い立てるのです
「なのにあなたの理性は屈服しない こんなに疼いているのに」
「やぁ・・ん・・ゆるし・・て・・」 舐め上げて舌でねぶり・・・
「あなたにはもっと時間を掛けたくなった また逢ってくれますね 祥子さん」 男性はわたくしを捉えていた手を離すと腰を引き寄せ 敏感な左の乳首を甘噛みしながら もう一方の手でパンティの中で大きく膨らんでいたぬめ光る真珠をなで上げたのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]