忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
29 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いまの はしたなく溢れさせた・・・疼き切ったからだの状態を口で説明するか?
男性の目の前で自らの手でランジェリーをとり・・・身体を慰めて達するか?
どちらを選ぶこともできませんでした
男性と眼を合わせることも出来ず指示された姿態のまま顔を背け頬を染めて思い悩むしかなかったのです
「迷い・戸惑う顔も魅力的だよ 祥子 ただそろそろ決めてくれないか?」 逡巡するわたくしに男性の声が決断を迫るのです
「これは僕にコートを脱がさせたことへのお仕置きなんだよ これに応えられないならもっと厳しいお仕置きをしないといけなくなる わかるね 祥子」 なんて羞恥に満ちたお仕置きなのでしょうか
「さぁ 祥子 私を待ちくたびれさせないでくれたまえ」 左手の手の甲が太ももをストッキングから素肌へとなで上げてゆきます
「はぁぅっ・・・」 ふれるか触れないかの微妙な感触がわたくしの感覚を煽るのです
くちゅ・・・ちゅ・・・ ざわめく快感を鎮めようと太ももをこすり合わせる様にすれば・・・淫らな音と牝のフェロモンを太ももの合わせ目から溢れさせてしまうのです 

 
わたくしはもう限界でした
こんな状態のままで男性の目の前に立ち続けることさえ難しくなっていたのです
男性の視線と息づかいまでもが肌を舐めてゆくことを感じるのです
時折気まぐれのように 乳房の下辺の丸みや白い肌の腹部や太ももの合わせ目の際に這わせる指先さえ 腰を落としてしまいそうなおののきを子宮に伝えるのです
「言うことが聞けないみたいですね 両脚を開きなさい 肩幅くらいに」 甘くて深いあの声に厳しさを加えて男性はわたくしに命じました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
ふふふ
柏木様ならストッキングへ撫で下ろされるのでしょうか
さりげなく触れる手は
わたくしの身を苛む責めなのです
欲情に溺れるのではなく
さりげなく下される手が・・・わたくしを切なくするのです
10月31日 0:38
祥子 URL 2006/08/15(Tue)15:30:48 編集
無題
>左手の手の甲が太ももをストッキングから素肌へとなで上げてゆきます
軽ぅい責めになっていますね。
こういう、さりげない描写に、とても萌えてしまいます。^^
10月30日 18:25
柏木 2006/08/15(Tue)15:30:11 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]