忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
26 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05 2007 / 03
わ・わん・・・わん・・わ・ふ・・・・わん・わん・わん・・・
あ・・・白雪が・ないて・る・・・
元旦の朝、窓の外からの白雪の声でわたくしはひとり目覚めたのです。
昨晩身に着けていた最後のランジェリー・・・ガーターベルトとストッキングは、ほかのものと一緒にベッドサイドテーブルに乗せられていました。
身体は清められていて・・・ベッドにひとり横たわるわたくしが身に纏っていたのは、春に高梨さんにプレゼントしていただいた桜色のナイティだけでした。
ベッドの上には揃いのガウンがふんわりと乗せられていたのです。
わ・わん・・・わん・・・
起きておいでよ 白雪の声はそう言っている様でした。
ガウンを羽織って、ラックの隣の腰高窓に引かれたレースのカーテンを開けたのです。
そこには、高梨さんの投げるボールと戯れる白雪がいました。

カラ・カラ・カラ・カラ・・・
わっ・ふ・・わん・・わん・わん・・・
ボールを咥えた白雪がいち早くわたくしに気付いたようです。
高梨さんの足元にボールを落とすと、窓の下に駆け寄って前脚を掛けてご挨拶をしてくれます。
通気性を考えて床を高く作ったこの家では、手を伸ばしてもやっと大きな白雪の頭に触れるのがやっとでした。
「おめでとう、白雪」
んくぅぅ・・ん・・わん・・・
ほんとうにこの子は人間の言葉がわかるようです。
「起こしてしまったかな。」
「いいえ。ごめんなさい、寝入ってしまって。」
白雪の落としたボールを拾って高梨さんが微笑みかけてくださいました。
「まだ早い時間なんだ。白雪が起こしに来たから遊んでただけだ。風呂にでも入ってからゆっくり朝食の支度をしてくれればいいよ。」
「ありがとうございます。」
元旦の日の出は午前7時より少し前くらい。いまの陽射しを考えれば、8時にはまだなっていないでしょう。
それに、わたくしの身体は昨晩の名残を残したままでした。胎内に注がれたままの高梨さんの精液も・・・ナイティのまま舐られた乳房も。
「ああ、それと着替えを風呂場に置いてある。良かったら着てくれるとうれしい。」
「はい?」
「祥子さんが気に入ればでいいからね。」
わふっ・・・
「わかったわ、白雪。お風呂をいただいて急いで朝食のご用意をしますね。」
「ああ、食事が終わったら初詣にでも行こう。」
「はい。」
さぁ 白雪!
わ・ん・・・わん・わん・・・・
高梨さんがボールを投げ、それを追う白雪の土を蹴る音が聞こえます。
わたくしは窓とカーテンを閉めて、ベッドを整えるとランジェリーを手に浴室へと向かったのです。

浴室の脱衣所に置いてあったのは、意外やお着物でした。
それも、着慣れた感じの紺地のウールのセットでした。帯は半幅の錆朱のもの。白い半襟の付いた白の長襦袢に、肌襦袢や腰紐・帯板・・・そして足袋まで一式揃ってました。
PR
03 2007 / 03
ジィィ・・・パッ・カシャ
「やぁっ・・・」
「それにこのフェロモン。白雪の嗅覚は人間の数千倍だというからな、リビングに居ても気付かれたかもしれないな。」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「あぁぁ・・ぁぁ・・・」
白雪に、いまのはしたない嬌態を気付かれてしまった・・・あまりの恥ずかしさに、わたくしはフラッシュから逃れる様に顔を伏せてしまおうとしたのです。
「だめだ!」
「あぅ・・ゆるし・・て・・・」
高梨さんの右腕がわたくしのロングヘアを掴み、背けようとした顔を引き立てるようにしたのです。
ただでさえみっしりと埋まった塊は質量を増して、柔らかな子宮へとめりこむほどに一層深く突き立てられたのです。

「最高だ、祥子!」
ジィィ・・・パッ・カシャ 
ベッドサイドの白木のラックから、至近距離でシャッター音が響きます。
「やっ・・・」
「気付いているか、祥子。祥子のここは、カメラのシャッター音に反応して酷く締まる。」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「ぁ・・ぁあぁぁぁ・・・ちが・うぅぅぅ・・・」
ぐりぐりと、高梨さんが塊をわたくしの再奥で抉るのです。
「さっきから逝きたくなるのを我慢してるんだ。」
次に掴まれたのは、シーツを握りしめていたわたくしの両腕でした。
後ろから貫かれたままで、後ろ手に肘を取られ・・・絶頂のすぐ近くまで押し上げられたままの、危うい理性を曇らせた表情を、間近なカメラへと向けさせるのです。
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「思った通りだ。こんな官能・・・二度と撮れない。」
「あっ・・・」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「や・め・・・て・・・ぇ」
ナイティの左肩だけを・・・Gカップの乳房が露になるまで一気に剥き下ろされたのです。淫らに鴇色の先端を昂らせた身体から背けた横顔さえも、高梨さんのカメラは容赦なく捉えてゆきます。
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「あな・・た・ぁぁ・・」
フラッシュを浴びて・・・言葉にできないまま、わたくしは背後の高梨さんの肩に頭を預けるように達していました。熱い塊を押し込まれたままの蜜壷から、蕩け切った愛液が溢れ・・・太ももを伝ってゆきます。
「っく・・・締まる。」

突き飛ばされるように上体を倒されたのと、激しい抽送が始められたのはほとんど同時でした。
「ぁぁ・・・ぃくぅぅぅ・・・・」
「まだだ!」
シャッター音もフラッシュも途絶えた闇の中で、二人の身体の狭間からは淫らな水音だけが響くのです。
低く流れるエリック・サティと、遠くに聞こえる白雪の鳴き声と。
わたくしの喘ぎは、立て続けの責めにもう掠れていたのです。
「ゆずる・・・さん・・・ぁ・ぁあぁ・・ぁぁ」
「逝くぞ!祥子!」
「いくぅ・・ぅぅ・・・・い・っちゃ・ぅぅぅ・・・・・」
ぱん・ぱん・・・ぱん!
スパンキングのような激しい肉音を立てた抽送とともに、胎内に注がれた高梨さんの熱い精液を感じたのが、その夜のわたくしの最後の記憶でした。
02 2007 / 03
「あ・あぁぁっ・・・ゆずる・さ・ん・・ゃ・やぁ・・あっ・・・」
白雪の存在を意識に上らせた途端に、高梨さんの抜き身の昂りがわたくしを貫いたのです。

み・し・・・ かりの張った反りの大きな塊は、幾度もの絶頂に蜜をまみれさせたままのわたくしの花びらの狭間へと・・・わたくしを一杯に広げながら押し入ってくるのです。
この方は、わたくしの口戯をいつも望んでくださいました。わたくしと1つになる前には必ず・・・。高梨さんがわたくしの口技をお好みになり、ご自分の悦びのために求めているのだとばかり思っていたのです。
それは大きな間違いでした。
「はぁ・・っ・・・あぁああ・・っ・・」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
わたくしの口腔で潤いを与えられていない彼の塊は、先端こそご自分の潤みで最も張り出した部分までをすっぽりと蜜壷に咥えさせはしました。が、その先はどれほどわたくしがはしたなく蜜を溢れさせていようとも、ご自分の熱で乾き切ったその筋張った幹を軋みを上げる事無しに受け入れることは出来なかったのです。

「ゆ・ずる・・さ・ぁぁぁああ・・・ん」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
一寸刻みに、抜き差しを繰り返して・・・わたくしの手がシーツを掴み、おぼろに乱れる黒髪がわたくしの背をのたうつ度に、高梨さんは冷静にシャッターを切ってゆかれるのです。
「あぁ・・・おね・がいぃぃ・・・」
ジィィ・・・パッ・カシャ
引く腰は、蜜にまみれた壁を張り出した傘でかき乱させ・・・押す腰は、子宮へつづく数の子のポイントを節くれ立ち反り返った峰で擦りたてるのです。
「はぁ・・ぁぁぁ・・・い・・っぱ・ぃぃ・・・」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
再奥まで高梨さんの塊を埋められたわたくしは、彼の力強い腰で押さえ込まれたようになった上体を、身体の奥から与えられる圧倒的な快感に・・・反射的に大きく撓らせてしまったのです。
「いいのか?祥子。」
お髭と同じにちくちくとする体毛を、わたくしの剥き出しの腰に押し付けたまま、高梨さんははじめてわたくしの顔にかかる黒髪を、片側へとかきよせてくださったのです。
肩で息をしていたわたくしには、すぐに答えるわけにはゆきませんでした。
「どうなんだ。」
ジィィ・・・パッ・カシャ
「ああっ・・・」
ず・ん・・・ 一気に引き一気に子宮まで突き上げる甘い衝撃に、わたくしの身体は言葉より先に、淫らな蜜を湧き出させました。
「ぃ・いぃ・・・で・すぅぅ・・」
「そうか。あんまり祥子が騒ぐから、白雪が起きてしまったみたいだ。」
わ・わふぅ・・・・きゅぅぅ・・・ん・・・わん・・
遠くに、白雪の切ない鳴き声が聞こえます。
「さわいで・・なんて・・・ぁはぁぁっ・・っくぁあ」
「あんまり淫らな喘ぎ声を立てるからだろう。」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「ん・・あっぁぁん・・・」
「まあ、Sの俺が祥子をノーマルに可愛がっただけで、こんなになったくらいだからな」
ず・ん・・・ 大きな塊は、わたくしの中に存在してひくつくだけで・・・淫楽の波を身体中に広げてゆくのです。その上で、ご自分のシャッターチャンスを図る様に・・・重いひと突きを、間隔をあけて繰り返すのです。
01 2007 / 03
Tバックを奪われた下半身は、桜色のナイティとガーターベルトの中に漆黒の茂みを一層際立たせていることでしょう。そのただなかに差し入れられた高梨さんの指は、蜜でしとどに濡れそぼっているに違いないのです。
そして、シャッターの合間に摘まれ・揉み立てられる乳首は、きちんとナイティを身に着けているが故に唾液に透ける様が一層淫らにカメラの向こうの視線をそそっているような気がいたしました。
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「ぁぁあ・・・いぃぃ・・やぁ・・・」
裾を踏まれたナイティは、わたくしの動きを押さえ込んでおりました。
ひたすら続けられるのではなく、シャッターの切られるタイミングに合わせて間を置いて与えられる快感は、フラッシュにあからさまに晒される羞恥とともにわたくしを身悶えさせるに充分だったのです。
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「やっ・・・」
何度も頂きの途中まで押し上げたあとで、ふいに高梨さんはベッドの上から離れられたのです。
わたくしは、思わずベッドの上にうつぶせてしまいました。
身体の前面に散りばめられた・・・はしたない淫らな女の証をレンズから隠したかったのです。

ジィィ・・・パッ・カシャ
その動きの間も、カメラも閃光も一時も止みはいたしませんでした。
乱れた長い髪の隙間から、先ほど間接照明だとばかり思っていたものが・・・プロ仕様のフラッシュだとわかっただけでした。
「後ろ姿も綺麗だよ。祥子の背中に流れる黒のロングヘアは、まるで水墨画のようだよ。」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「それにその桜色に光る腰のまるみ・・・うつぶせて際立つ肩先から肩甲骨のライン・・・」
高梨さんの言葉に、自分が無防備に晒した姿を思い知らされたのです。
わたくしの豊かな乳房は、伏せた背中にも妖しい陰影を作り出していたようでした。
「だめだ!動くな。」
脚を引き寄せ、身体を縮こめようとするわたくしを、強い声が呪縛します。
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「祥子の腰のくぼみからヒップにかけてのラインは、目の毒だな。」
ぐいっ・・・
ベッドの上に乗った高梨さんの剥き出しの腕が、わたくしの腰だけを強引に引き上げたのです。
うつぶせていたわたくしは、ナイティに包まれたヒップだけを高く上げるはしたない姿勢を瞬く間に取らされてしまいました。
「動くんじゃない」
せめて上体を・・いえ腕だけでも引き寄せようとしたわたくしに、有無を言わせぬ彼の声が飛ぶのです。
高梨さんの手は、腰を覆っていたストレッチサテンの裾を一気に捲り上げたのです。
「いゃぁぁぁ・・・・」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
ワン・・ワン・ワン・・ 
シャッター音の向こうに、白雪の鳴き声が小さくくぐもって聞こえます。高梨さんとわたくしの、次第に激しくなる声に眠りを醒されてしまったからでしょうか・・・。
28 2007 / 02
仄かな明かりの中、高梨さんの肩の輪郭と微かな表情だけがわたくしに迫り・・・そのままベッドへと倒れ込んだのです。

ちゅぅく・・・
「ん・・ぃやぁ・・」
高梨さんのたっぷりと唾液を乗せた唇が、ストレッチサテンごとわたくしのGカップの乳房の先端を舐ったのです。
唇に挟み込まれる圧迫感に続いて、じわ・り・・と暖かい液体がナイティに染み込むのがわかったのです。
「もっと声を出しても大丈夫だ。」
こりっ・・・
「あぁっ・・・」
既に幾度も上り詰めさせられたわたくしの身体は、高梨さんの甘噛みに、簡単にはしたない嬌声を漏らしてしまいます。
右と・・より感じやすい左を・・交互に・・・。唇を離された側は、暖められている室内でも濡れそぼった乳房の先端を一気に冷やし、その感触が一層わたくしを責めるのです。
「もっと、だ。」
「いやぁぁ・・・は・ぁぁぁ・・・」
ストレッチサテン越しであるだけ、高梨さんの舌の動きは大胆で乱暴でした。人間の舌とは全く違う生き物に・・・嬲られているかのように錯覚してしまうほどに・・・
わたくしの感じやすい昂りを唇で・舌で・歯で追い上げてゆくのです。
ただお髭のちくちくだけが・・・間違いなく高梨さんに愛されているのだと教えてくれるのです。
わたくしの上に被さる高梨さんの塊は、ありありと存在を主張する様に昂ってらっしゃいました。わたくしの太ももに押しつけられる熱さは、桜色のサテンに覆われた先端の冷たさと相対的に高まってゆくのです。

「もっと!」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「ぁあぁぁ・・・ぁ・・んぁ・ぁぁ」
高梨さんの上体が離れ、左膝がナイティごと太ももの狭間をくじった時・・・わたくしは高い喘ぎ声を上げてしまったのです。
快感に閉じた瞼越しにも、強いフラッシュの明かりがわかりました。
「いやっ」
「だめだ!」
ジィィ・・・パッ・カシャ
高梨さんの手がわたくしの両手を左右に押さえ込みます。
先ほどよりも数倍強い光の中で、わたくしは彼にねぶられた乳首が桜色のナイティから物欲しげに・淫らに・・・透けていることに気付いてしまったのです。
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「ゆずる・さ・ん・・・だ・め・ぇぇ」
「言ったはずだ。もっと恥ずかしいことになるって、な。」
今度は、まぁるくわたくしの蜜のしみをつけたナイティの裾まではだけ上げるのです。
自由にされた腕は、なにを覆い隠せばいいのか・・・わからなくなっていました。
忍者ブログ × [PR]