忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
23 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02 2007 / 03
「あ・あぁぁっ・・・ゆずる・さ・ん・・ゃ・やぁ・・あっ・・・」
白雪の存在を意識に上らせた途端に、高梨さんの抜き身の昂りがわたくしを貫いたのです。

み・し・・・ かりの張った反りの大きな塊は、幾度もの絶頂に蜜をまみれさせたままのわたくしの花びらの狭間へと・・・わたくしを一杯に広げながら押し入ってくるのです。
この方は、わたくしの口戯をいつも望んでくださいました。わたくしと1つになる前には必ず・・・。高梨さんがわたくしの口技をお好みになり、ご自分の悦びのために求めているのだとばかり思っていたのです。
それは大きな間違いでした。
「はぁ・・っ・・・あぁああ・・っ・・」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
わたくしの口腔で潤いを与えられていない彼の塊は、先端こそご自分の潤みで最も張り出した部分までをすっぽりと蜜壷に咥えさせはしました。が、その先はどれほどわたくしがはしたなく蜜を溢れさせていようとも、ご自分の熱で乾き切ったその筋張った幹を軋みを上げる事無しに受け入れることは出来なかったのです。

「ゆ・ずる・・さ・ぁぁぁああ・・・ん」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
一寸刻みに、抜き差しを繰り返して・・・わたくしの手がシーツを掴み、おぼろに乱れる黒髪がわたくしの背をのたうつ度に、高梨さんは冷静にシャッターを切ってゆかれるのです。
「あぁ・・・おね・がいぃぃ・・・」
ジィィ・・・パッ・カシャ
引く腰は、蜜にまみれた壁を張り出した傘でかき乱させ・・・押す腰は、子宮へつづく数の子のポイントを節くれ立ち反り返った峰で擦りたてるのです。
「はぁ・・ぁぁぁ・・・い・・っぱ・ぃぃ・・・」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
再奥まで高梨さんの塊を埋められたわたくしは、彼の力強い腰で押さえ込まれたようになった上体を、身体の奥から与えられる圧倒的な快感に・・・反射的に大きく撓らせてしまったのです。
「いいのか?祥子。」
お髭と同じにちくちくとする体毛を、わたくしの剥き出しの腰に押し付けたまま、高梨さんははじめてわたくしの顔にかかる黒髪を、片側へとかきよせてくださったのです。
肩で息をしていたわたくしには、すぐに答えるわけにはゆきませんでした。
「どうなんだ。」
ジィィ・・・パッ・カシャ
「ああっ・・・」
ず・ん・・・ 一気に引き一気に子宮まで突き上げる甘い衝撃に、わたくしの身体は言葉より先に、淫らな蜜を湧き出させました。
「ぃ・いぃ・・・で・すぅぅ・・」
「そうか。あんまり祥子が騒ぐから、白雪が起きてしまったみたいだ。」
わ・わふぅ・・・・きゅぅぅ・・・ん・・・わん・・
遠くに、白雪の切ない鳴き声が聞こえます。
「さわいで・・なんて・・・ぁはぁぁっ・・っくぁあ」
「あんまり淫らな喘ぎ声を立てるからだろう。」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「ん・・あっぁぁん・・・」
「まあ、Sの俺が祥子をノーマルに可愛がっただけで、こんなになったくらいだからな」
ず・ん・・・ 大きな塊は、わたくしの中に存在してひくつくだけで・・・淫楽の波を身体中に広げてゆくのです。その上で、ご自分のシャッターチャンスを図る様に・・・重いひと突きを、間隔をあけて繰り返すのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
お返事が遅くなって申し訳ございません。
ものすごい枚数のお写真。
どんなお写真なのかは・・・気になるところではありますが・・・見るのがこわいです。
祥子 URL 2007/03/05(Mon)07:03:35 編集
祥子様
毎日訪問させて頂いてるんですけど、コメント残さずにごめんなさいね。
どんな写真が撮れているのか・・・。
凄く拝見したいのですが・・・・秘密ですね。
白雪も祥子様の喘ぎ声に何かを感じているのでしょう。
桜草 2007/03/02(Fri)23:16:54 編集
忍者ブログ × [PR]