忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28 2007 / 02
仄かな明かりの中、高梨さんの肩の輪郭と微かな表情だけがわたくしに迫り・・・そのままベッドへと倒れ込んだのです。

ちゅぅく・・・
「ん・・ぃやぁ・・」
高梨さんのたっぷりと唾液を乗せた唇が、ストレッチサテンごとわたくしのGカップの乳房の先端を舐ったのです。
唇に挟み込まれる圧迫感に続いて、じわ・り・・と暖かい液体がナイティに染み込むのがわかったのです。
「もっと声を出しても大丈夫だ。」
こりっ・・・
「あぁっ・・・」
既に幾度も上り詰めさせられたわたくしの身体は、高梨さんの甘噛みに、簡単にはしたない嬌声を漏らしてしまいます。
右と・・より感じやすい左を・・交互に・・・。唇を離された側は、暖められている室内でも濡れそぼった乳房の先端を一気に冷やし、その感触が一層わたくしを責めるのです。
「もっと、だ。」
「いやぁぁ・・・は・ぁぁぁ・・・」
ストレッチサテン越しであるだけ、高梨さんの舌の動きは大胆で乱暴でした。人間の舌とは全く違う生き物に・・・嬲られているかのように錯覚してしまうほどに・・・
わたくしの感じやすい昂りを唇で・舌で・歯で追い上げてゆくのです。
ただお髭のちくちくだけが・・・間違いなく高梨さんに愛されているのだと教えてくれるのです。
わたくしの上に被さる高梨さんの塊は、ありありと存在を主張する様に昂ってらっしゃいました。わたくしの太ももに押しつけられる熱さは、桜色のサテンに覆われた先端の冷たさと相対的に高まってゆくのです。

「もっと!」
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「ぁあぁぁ・・・ぁ・・んぁ・ぁぁ」
高梨さんの上体が離れ、左膝がナイティごと太ももの狭間をくじった時・・・わたくしは高い喘ぎ声を上げてしまったのです。
快感に閉じた瞼越しにも、強いフラッシュの明かりがわかりました。
「いやっ」
「だめだ!」
ジィィ・・・パッ・カシャ
高梨さんの手がわたくしの両手を左右に押さえ込みます。
先ほどよりも数倍強い光の中で、わたくしは彼にねぶられた乳首が桜色のナイティから物欲しげに・淫らに・・・透けていることに気付いてしまったのです。
ジィィ・・・パッ・カシャ ジィィ・・・パッ・カシャ
「ゆずる・さ・ん・・・だ・め・ぇぇ」
「言ったはずだ。もっと恥ずかしいことになるって、な。」
今度は、まぁるくわたくしの蜜のしみをつけたナイティの裾まではだけ上げるのです。
自由にされた腕は、なにを覆い隠せばいいのか・・・わからなくなっていました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ × [PR]