忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
17 2017 / 12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

16 2007 / 02
高梨さんの手で撮影のために美しく整えられていたわたくしの姿は、酷く寝乱れたように変わっていました。
片側に三つ編みにまとめていた髪は、さらさらのストーレートヘアのせいで解けてシーツの上に広がっておりました。ストレッチレースで出来ているナイティのトップスが、アンダーバストからウエストまでのラインにぴったりと添っていなければ・・・いまごろわたくしの身体はカメラの下にランジェリーだけの姿を既に晒してしまっていたことでしょう。
サテンの裾は、もうわたくしのストッキングに包まれた脚をほんの僅かも・・覆い隠してはいませんでした。
腰の周囲を桜の花叢のように彩っていたのです。

カシャ・・・ カシャ・・・
リモコンではない、ダイレクトなシャッター音にわたくしはものうげに視線を上げました。
「こんな姿・・だめ・・・」
「だめだ。そのまま」
両手でナイティの裾と胸元を直そうとする・・・せめて髪を整えようとする・・わたくしを一言のもとに制するのです。
カメラの下から見える高梨さんのお髭は、わたくしが溢れさせたはしたない潤みでところどころ光ったままでした。
カシャ・・・ カシャ・・・ カシャ・・・
わたくしは、胸元を押さえてゆっくりと上半身を起こしました。
今度は高梨さんからの制止はありません。Tバックのショーツを付けたままで貪られた太ももの狭間を、隠す様にナイティを整えても黙ったままシャッターを押し続けていたのです。
カシャ・・・
「祥子」
「なんでしょう。」
高梨さんが口を開いたのは、わたくしのすぐ近くにまで迫ったレンズごしの高梨さんの眼差しを見上げた時でした。
カメラを下ろすと高梨さんはじっとわたくしを見つめたままで、真面目な風に言葉を継いだのです。
「誰かに、汚いと言われたことがあるのか?」
「えっ・・ ん・・・」
汚い・・・一瞬なにを言われているかわかりませんでした。でも、次の瞬間、わたくしの唇を覆った女の匂いに・・・高梨さんからの口戯を受けている間に幾度もその言葉を口走っていたことを思い出したのです。少し前まで、わたくしの花びらを貪っていた高梨さんの唇も髭も・・・わたくしの香りに染まっておりました。
「あん・・だ・め・・・」
「誰かに言われたことがあるんだろう。そうじゃなかったら、祥子が自分のことを汚いなんて言う訳がない。」
「言われた訳じゃないけれど・・・」
「ん?」
「話さなきゃ・・だめですか?」
「聞きたいね。」
「元の夫に、こんなに濡れていては口することはないだろう・・・って言われたことがあったの。」
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
高梨さんが使われているのはデジタルカメラです。
なので、どのカメラからも全くフラッシュは焚かれないんです。
識別出来るだけの光量があれば、フラッシュを焚くよりももっと奥行きのある絵が撮れますから。
ですから、お部屋の明かりをどうしても落としてはいただけませんでした。
フラッシュそのものの、心理的な効果もありますが・・・カメラマンとしての写真の完成度を、高梨さんは望まれたのでしょうね。
祥子 URL 2007/02/17(Sat)11:36:09 編集
無題
着乱れた肢体・・・というのは。
絶好の被写体といえます。^^
ある種の人々には、一糸まとわぬ姿よりも艶なものに映り、欲情をかきたてます。
フラッシュは、たかれていたのでしょうか?
あられもない姿を瞬時の閃光にさらされるとき。
羞恥はいっそう、たしかなものになることでしょう。^^
柏木 2007/02/17(Sat)07:49:15 編集
忍者ブログ × [PR]