忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

6月の爽やかな日曜日。
鎌倉の紫陽花で有名なお寺を訪れました。
梅雨入り宣言が出されたのに、今日はまるで5月のころのような爽やかな空気がわたくしを包んでいました。薄青から紫紺へと色を変えてゆく紫陽花の庭は、昨晩の雨のせいでしょうか。澄んだ空気をたたえておりました。
「ねえさん、気に入った花でもあった?」 傍らをゆっくりと歩く男性は、わたくしがふと留めた視線に気がついたのでしょう。
「ええ、ほらそこに射干の花が咲いているのよ。」 秋になればさぞや見事に色づくであろう紅葉の脚元に白い可憐な花が群生していたのです。
「シャガ?はじめて聞くな。」
「そうね。あまり街では見かけない花だから。アヤメ科の花で、別名を胡蝶花ともいうのよ。まるで、小さな蝶が飛んでいるみたいでしょう。」
「ほう、なるほどね。」
 
繊細な白いレースを重ねたようなその花は、わたくしに今日がトモくんの披露宴の日だったことを思い出させたのです。いまごろ、彼はバージンロードを歩く新婦を義父の手から受け取っているころかもしれません。
 



年始の3日間を過ごした名残がまだ回復しきらない1月10日の午後、トモくんから久しぶりのメールが入ったのです。
 
 祥子さん、ずっとメールくれないけど元気ですか?
 久しぶりに逢いたい。 連絡ください。
                    トモ
 
逢いたいと言われても、彼はセフレなのです。
逢えば・・・彼と過ごす先は何も身に纏わないベッドの上なのです。
わたくしは身体のことを思うと、簡単に返事をすることができませんでした。
体中に薔薇の蕾のように散らされたキスマークは、ようやく色を薄れさせたばかりでした。あと数日もすれば、すっかりわからなくなっていたでしょう。
但し、幼女のようにされた茂みは・・・ほんの数ミリ萌え出てたばかりでした。
視覚的には微かな違いでしかなくても、剃刀で摘まれた鋭い先端は、いまもわたくしを淫らに苛み続けていたのです。
あまりの切なさに、この数日の間だけでも・・・どれほど自らの手で芽生え始めた翳りを摘み取ろうと思ったことでしょう。でも、それをすれば、わたくしの身体は永遠に元には戻る事ができなくなってしまいます。仕事の合間ですら、ちくちくと柔らかい花びらを・・・真珠を苛む刺激に、秘かに唇を噛みしめながら耐えておりました。
 
トモくんは未だわたくしに、このようなことをしたいとせがんだことはありません。
ただ、ベッドを共にする度に現れる彼の性癖を考えれば、わたくしのこの身体の変化の意味に過剰な興味を抱くであろうことは簡単に予想できたのです。
こんな、淫らな姿を・・・彼に晒すわけにはいきませんでした。
 
 お久しぶりです。お元気みたいですね。
 お逢いしたいとは思うけれど、ちょっと身体がだめなの。
 ごめんなさいね。        祥子
 
トモくんとわたくしの間で「身体がだめ」という言葉は、女性の月のものの時期のことを指していました。最初のころは、それでもいいから抱きたいと・・・何度か駄々を捏ねられましたが、わたくしが嫌だというとそれ以上は無理強いをしてくることはなくなったのです。
これで、しばらくは諦めてくれるに違いない・・・と思ったのです。
・・・<しばらく>で解決する問題じゃないことは、充分に承知していたのですけれど。
 
それなのに、5分としないうちに携帯はメールの着信を知らせてきたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
そうですわね。
トモくんがもう少し大人なら、きっと柏木様のように仰られた事でしょう。
そして、しっかりと責めてくださるのでしょうね。
身も心も蕩けんばかりに・・・。

お褒めいただいてありがとうございます。
婉曲な表現に萌えていただけてとても嬉しいです。
お若い方の中には、何がなんだか・・・とおっしゃる方もあることでしょう。
でも、どうもあからさまにはお返事できない
わたくしがいるのです。
6月12日 21:39
祥子 2006/08/28(Mon)16:59:06 編集
無題
祥子・・・三日間もいったい、どこに行っていたというのだね?
どこでどのような、イケナイことに耽っていたのかね?
私に三晩も損をさせて・・・今夜の責めは、ちゃんと覚悟しているのだろうね?

・・・と、たまには御主人様っぽく登場の柏木です。^^
・・・・・・似合わないですね。(^^ゞ

>剃刀で摘まれた鋭い先端
とか、
>芽生え始めた翳り
とか、
淫らな雅満開な文章、とても素敵です。(^^)
それに「身体がだめなの」というのも、
「○○なの」とあからさまに言われてしまう興ざめさから比べると、
どれほど男を和ませる応えでしょうか。
冷たい拒絶ではなくて、弱さを魅せることで、却って男にアピールしているような。^^
望みを遂げることができなくとも、
応えひとつで、その方の魅力をなまで感じることができるものなのですね。
6月12日 6:57


柏木 2006/08/28(Mon)16:58:38 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]