忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
24 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2日後、森本さんから来たメールにはいつもお逢いする珈琲専門店の前での待ち合わせ時間が書かれていたのです。
 
今日、わたくしはデニムの前開きのフレアーワンピースを着ていました。
ノースリーブなのでサマーブルーのカーディガンを羽織って。カーディガンよりも一段濃いアイリスブルーのランジェリー・セットに、今日はナチュラルカラーのパンティストッキングを着けておりました。脚元は、前日の雨もありましたから、白革のローファーを選んだのです。
森本さんは、いわゆる<お茶のみ友達>でした。
ですから、カジュアルに肩の力の抜けた、そしてセクシュアルではない装いをあえて選んだのです。
 



羽織ったミンクの胸元をかき寄せるわたくしの手を、トモくんは掴むと表通りに無言で向かったのです。
 
わたくしはその日は、当然のことですが仕事帰りでした。
コートの下は黒のタイト・スーツに、胸元までをきちんと覆った黒のノースリーブのカットソウ、脚元はショートブーツに黒のタイツを着けていました。
トモくんには、逢ってお食事をご一緒するだけと告げていました。
こんな風に雪のちらつく夜だということを理由にして・・・わざとよほどカジュアルな時でなければ身につけないような少し厚手の30デニールの黒のタイツを選んだのです。
インナーは、それでも黒のサテンのセットでした。
装いに合わせて・・・のセレクトでもありましたが、それ以上に月のものの時に身につけるものは黒と決めていたからです。
まるで椿姫が紅い椿を胸元に飾る様に・・・わたくしは漆黒のランジェリーを選びました。
「月のもの」は単なる言い訳でした。
まったくその気配もないのに、トモくんにわたくしの身体を見せる訳にはいかないという理由から・・・見た目だけは完璧に装っていたのです。
 
数少ない空車のタクシーに向かって、トモくんが手を上げます。
「鴬谷へ」 一台の空車が止まるとわたくしを押し込むように乗り込んで、運転手さんにそう告げたのです。
「はい」 訳知り顔の運転手さんは黙って車を発進させました。
 
「トモくん、今日はだめって言ったでしょう」 鴬谷という地名が意味することをわたくしは知らないわけではありませんでした。トモくんとは行った事はありませんでしたが、彼の目的ははっきりしていました。
「これからも逢ってくれるの?」 わたくしが、頷く事のできない問いを・・・幸せな婚約者を持つ若いセフレは改めて投げかけてくるのです。
「だめ。もう逢わないわ。」
「もう2度と祥子さんを抱けないなんて我慢できない。今夜は、絶対帰さないからね。」 タクシーという密室の中で・・・運転手の耳に・・・このあけすけな言葉はきっと届いてしまったことでしょう。
「トモくん・・やめて。今日はだめなの。」
「僕は構わない。前から言ってるだろ。もう・・・こんなになってるんだ。」 わたくしの左手を掴むと、ウールのコートの下の彼の腰へと強引に導くのです。そこはもう・・・くっきりと昂りを示していたのです。
「おねがい。帰るわ。」
「だめだ。今夜が最後なら絶対に、なにがあっても帰さないからね。」 運転手さんの意識が高ぶるだけ大きくなるトモくんの声に反応していることはわかりました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
柏木様
そうですね。
ガーターストッキンングとは違って腰をしっかりと包み込む形
肌を透かせることのない厚みは柏木様がおっしゃる意味を含んでおります。
そう・・・セクシュアルな空気のもっとも少ないレッグウェアとして
このタイツを選びました。
6月18日 10:57
祥子 2006/08/28(Mon)17:01:31 編集
無題
マットな黒のタイツに萌えるかたがおいでなのも、ごもっとも・・・とは思うのですが。
素肌を見透かされることを拒む・・・というメッセージをより強く感じます。
やはり女性の目からも、そうした衣類という位置づけなのでしょうか。
6月17日 23:27
柏木 2006/08/28(Mon)17:01:14 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]