忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
19 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「あん・・・ね・・おねがいよ」 両手が自由になれば・・・彼の目からはずかしい場所を覆い隠すことができる、それだけでいいから・・・わたくしはそんな風に口にしてしまいそうになりました。
「あぁ まっしろい肌だ。それが黒のブラからこんなに溢れて。たまらない。」 ちゅぅぅぅ・・・ トモくんはまろびでた左の乳首を・・・乳輪ごと口にするとはしたない音をたてて・・吸い立てたのです。
「はぁっ・・あぁぁん・・・」 はじめて彼に抱かれた時は、ただ・・・貪るようにわたくしの乳房を口にしていただけでした。でも、いまは・・・淫楽の蕾がわたくしに与える妖しい響きを知り尽くしているかのように・・・トモくんの唇も舌も動き続けるのです。
「こっちはどうかな」 ちゅぷぅぅぅ・・・ いつのまにか引き下ろした右のブラに覆われていた淫らな大きさの先端には・・・彼の前歯と舌が同時にまとわりつくのです。
「やぁぁ・・・ぅっ・・ぁ・ぁぁん・・」 左の乳首はトモくんの指が・・・ねっとりと載せた唾液のぬめりを塗り込めようとするかのように・・・扱き立てるのです。
「いい声を上げるね、祥子さん。夢にまで出て来そうだよ。」 
「いやぁぁ・・・そんなこといわないで」 右は甘噛みの痕がひりついているのに・・・トモくんの大きな手が掴みきれない白い乳房を指の間から溢れるほどに強く握りこんだのです。
「生理の時も女の人のあそこって濡れるんですか?祥子さん」 わたくしの身体が・・・感じやすいバストへの愛撫で・・・しとどに濡れそぼることを彼は知り過ぎるほどに知っていました。
「いじわる・・・しらない・・わぁ・・んぁぁ」 かぷぅ・・・ふたたび伏せられた彼の唇に啄まれた左の乳首は・・・わたくしの腰をはしたなくひくつかせたのです。
 
「はじまって2日目でしょ。もっと生臭い血の匂いがするんじゃないの?祥子さん」 トモくんの手がわたくしの太ももの合わせ目に触れようと降りてきました。
「やぁっ・・・」 ショーツとタイツの上から触れようとする手から、バランスを崩しながらも逃れたのです。でも、却って両手を縛られた上半身は、トモくんの胸に・・しっかりと落ちていったのです。
「ふふ そんなにでかい胸を弄られるのが気に入ったのかな?祥子さんは」
「・・はぁぅん・・いわない・・でぇぇ・・」 わたくしの・・・萌え出たばかりの茂みは・・・サテンのショーツもタイツも透かして・・・ちくちくとした先端を露にしていたのです。トモくんの手が触れれば・・その感触にすぐ気づかれてしまったことでしょう。
「ほら、こうされたいの、祥子さん。」 トモくんの両の指からこぼれんばかりに掴まれた乳房を押し上げるようにして乱暴にもみしだくのです。
「あはぁぁん・・・やぁ・・トモくぅぅん」 掬い上げる様に押し当てられた彼の大きな手は、中指と人差し指の間に乳首を挟み込み・・・乳房全体だけでなく・・感じ過ぎる先端までもを同時に嬲っていたのです。
「このおっきな胸で逝かせてもらいたくなっちゃうよ。」 ちゅぅぅりゅぅん・・・ 男性の握力で掴み上げた右の乳房を強く引くと指の狭間でしこる乳首をすいたてるような舌使いでなめるのです。
「はぁぁっ・・・いいの・・ぉぉ」
「祥子さんはこんなふうに酷くされるのが感じるんだぁ」 ちゅぅぅくぅぅぅりゅう・・・ 今度は左を・・・わたくしは感じやすい乳房が熱を持ち始めたんじゃないかとおもうほどに・・・強く・きつく・・・何度もなんども・・繰り返すのです。
「あぁぁっ・・だめぇぇ・・トモくぅぅん・・・おむねでいっちゃうぅぅ」 立ったまま・後ろ手に縛られたままで・・・年下のセフレに秘め所への興味を削ごうと、望むままに与えつづけた2つの乳房は・・・もう限界でした。きつく縄で縛り上げるのと同じ責めを繰り返す生身の男性の大きな手は、確実にわたくしを淫楽の淵に追いつめていったのです。
「こんなんでいっちゃうの、淫乱だなぁ、祥子さんは。」
「はあぁぁっ・・・いっちゃ・・うぅぅぅ」 容赦のない十指の動きに翻弄されたわたくしは・・・第一関節が食い込むほどに強く乳房を掴み上げられたところで・・・最初の絶頂を極めてしまったのです。
 



「ぁん・・・」 参道へ向かう大鳥居の手前、源氏池を牡丹園へと回り込む道でぬかるみに足を取られたわたくしを、森本さんの腕が支えてくださったのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]