忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
26 2017 / 09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

半袖のオックスフォードシャツから出た筋肉質な腕は・・・夢想のせいで半ば立ち上がった乳房の先端をかすめ・・・わたくしの驚きの声に、艶めいた響きを加えさせてしまったのです。
「こんななんでもないところで転びそうになるなんて、ねえさんもけっこうおっちょこちょいなのかな?」 わたくしの動揺を知らぬ気に、森本さんはささえた手をそのまま握り込んだのです。
「こうしていれば、転ばないよ、ねえさん。」 歩調を合わせる様に、となりに並ぶとそのままゆっくりと歩いてゆきます。
「でも、カメラを扱えないでしょう。」 ついつい・・・もう大丈夫だろうかと・・・足元に目がいってしまいます。その不安げな様子さえ、楽しそうに森本さんは斜め上から見下ろしてらっしゃいました。
「いいんですよ。ここは写真をとらなくても。」
「えっ、だって資料が困るじゃない。」
「いいんです。ここは、ねえさんのために立ち寄っただけなんだから。」
<神苑ぼたん園>と書かれた受付にポケットから出した千円札を差し出すと、わたくしの手を引いてずんずんと先に歩いてゆくのです。
「えっ、悪いわ。」
「いえいえ、気にしないで。ねえさんの喜ぶ顔が見たいだけです。ああ 本当にここは額紫陽花がたくさん植えられているんですね。」 
スミダノハナビ、シチダンカ、アマチャ・・・薬玉のような大振りな紫陽花とはひと味違う原種に近い株がいくつも植えられていたのです。さりげなく美しいその姿は、わたくしを悩ませていたトモくんとの最後の夜の想い出を一時とはいえ祓ってくれたのです。
「森本さん・・・」
「なに、ねえさん。」
「ありがとう、うれしいわ。」 今度こそ、素直な喜びの笑みを隣を歩く森本さんに向けることができたのです。




「はぁぁ・・・・ん」 わたくしは快感に膝を折りそうになる身体をトモくんに抱きとめられておりました。
「なんて逝きかたをするんだ、まだ胸だけなのに」 はぁ・・はぁ・・ と息を荒げるわたくしの肩を優しく撫でてくれたのです。久しぶりのトモくんの荒々しい愛撫は、3が日の饗宴から身を慎んで来たわたくしに想像以上の刺激を与えたのです。

「おねがい・・・立ってられないわ」 素直に甘えられ・・・素直に淫らになれる・・・ベッドの上だけの関係。わたくしは、はしたないおねだりを口にしてしまったのです。
「それじゃ、そこに膝をついて僕のをフェラしてくれ」 ラブ・ソファーかベッドにつれていってくれると思ったのです。そしてこの手を括ったネクタイを今度こそ解いてくれると。なのに・・・彼はその場でわたくしを跪かせると、自分の手でトランクスを下ろして激しく反り返った塊を目の前に差し出したのです。
「ん・・やぁぁ・・ん・・く・・ぷぅっ」 片手で跳ね上がる先端を引き下ろすようにして・・・まだ慄いているわたくしの唇に・・・まったりと粘液をまとわりつかせた先端を差し入れたのです。
ちゅぷ・・・くちゅ・・・ わたくしは口に含んだ先端に舌先を舞わせるとトモくんが感じる・・・裏の合わせ目から指2本ほど下の部分を・・・堅くした舌先で幾度も舐め上げたのです。
「あうっ 祥子さん、感じるぅ そこ ああ」 ちゅぽ・・・ちゅくぅ・・・ わたくしの髪をかき乱すほどにトモくんの指が頭を強く掴むのです。両手を縛られたままの体勢では自由にならない動きを、彼の力強い腕がかわりにゆっくりとはじめたのです。
「んぁ・・・お・・っきぃ・・のぉ・・・」 くぽぉ・・くちゅ・・・ 彼の腰から引き離され塊が唇から出そうになる時に・・わたくしの喘ぎは漏れ・・・それも全てを伝え切るまえにまた喉奥まで・・・トモくんの大きな先端が差し入れられるのです。
「美味しい?祥子さん。僕の美味しい?」 くぷ・・くぽ・・ちゅく・・・ トモくんの腕の動きは次第に早くなってゆきます。口内にたたえた唾液は隙間なく彼の昂った塊を覆い・・・そのぬめやかな液体の狭間をわたくしの舌が上下左右へとひとときも塊から離れる事なく・・・頭の動きに合わせて踊るのです。
「・・・ぉいひぃ・・・ト・・モくぅ・・んのぉ・・・」 声は切れ切れにしか発せられなくなっていました。
「ああ いい 祥子さんのフェラ最高 ああ そこぉ 好き? これがすきなの?祥子さん」 もう3ヶ月ぶりになるわたくしのフェラチオに、トモくんの声は一段と上ずっておりました。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
それは・・・青龍様のご想像にお任せいたしますわ。
お相手して下さる方にもよるかもしれませんし♪
6月24日 21:15
祥子 2006/08/28(Mon)17:06:30 編集
無題
リアルでも・・・おっぱいだけで逝ってしまうのかなぁ・・・
凄く高尚な女性の淫らな姿・・・大好きです^^
6月24日 11:05
青龍 2006/08/28(Mon)17:06:09 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]