忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
29 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

06 2006 / 06
「リードをテーブルの脚に留め付けなくても、祥子はもうできるね。」
「はい・・・ごしゅじんさま」 わたくしは今度は素直に、テーブルを清めていたときと同じ姿勢をもう一度取りました。
「そうだ。もっと脚を広げるんだ。そう」 その言葉も終わらぬうちに・・・先ほどまで唇に含んでいた塊が花びらに押し当てられて・・・ぐぃと送り込まれたのです。
「あぁっ・・・」 もう声を抑えることなどできません。思わず漏れた声に唇を噛み締めるだけしかできませんでした。
「祥子の中はまるで温泉だね。いくらでも熱い愛液が湧きだす。」 ぐちゅぅぅ・・・ ご自分の言葉を証明するように奥まで押し入れた塊を・・・抜け出す寸前まで引き出すのです。高梨さんの張り出したかりに集められたわたくしの蜜がたらら・・と太ももに向かって流れ出してゆきます。
「はぁぁ・・ゆるし・・て・・」 
「いつから濡らしてる、祥子。何時間濡らし続けたら満足するんだ?」 高梨さんも、もう限界だったのでしょうか。いつもと変わらぬ抽送がはじまりました。
「あん・・わかり・・ま・・せぇぇ・・んん」 何度問われても・・・わたくしにはどうしようもないのです。初めての挿入なのに・・花びらの奥はまるでもう何回も受け入れたあとのようにはしたない収縮を示しておりました。
 
「僕のいない間、誰にこの身体を可愛がってもらってたんだ。前よりも数段良くなっているよ、祥子。」 腰を使いながら・・・リードをわたくしが顔をあげざるを得ないほどに引かれるのです。
「やぁぁ・・・ぁぁあああ・・」
「僕に連絡もしてこないで、身体をこんなに熟れさせるまで何人の男に抱かれた。」
「ちが・・ぁ・・ぅ・ぅっぁああ」 年末にお別れしたあと・・・4人の方と雪の別荘で過ごし・・そして・・・
「淫乱牝猫は逢う度ごとにどんどん身体が良くなる。そんなに数の子天井を擦り付けてくるんじゃない。」 責めの声はベッドの上と変わらないほどになっていました。隣室に誰か居れば・・・わたくしの身体が高梨さんの塊を締め付ける様子は全て知られてしまったことでしょう。
「はぁう・・ぅぅ・・ぁあぁぁぁ」 そして、いつ彼の声とわたくしのはしたない喘ぎ声に誘われてでいらした隣室の方に、高梨さんに突かれる度に揺れるGカップの乳房の動きを・・・抜き差しする度に淫らな水音を立てる腰を、間近に見られてしまうかもしれないのです。
「あぁぁ・・だ・・っめぇぇ・・」 外気に包まれ、ベランダの正面にある美術館のビルからの望遠鏡ごしの視線・・・いつ現れるかもしれない隣室の視線・・。高梨さんの塊からの淫楽だけでなく、いくつもの視線の可能性がわたくしの蜜壷の奥を・・中ほどを・・・きゅぅぅと収縮させるのです。
「こんな蜜壷 うっ」 腰の動きを一旦・・・高梨さんは止めたのです。そして改めて一度緩めたリードを引きます。
「いいさ。祥子のこのフェロモンを嗅がされて立たないなんぞ男じゃない。鞭の悲鳴さえ淫心を疼かせるんだ。我慢できなくて、祥子を自分のものにしたがる男がいても不思議はない。」 ずぅんっ・・・骨盤に響くほどに強く一度だけ塊を子宮に響くほどに打ち付けるのです。
「あぅっ・・」 
「美味しくなった祥子を味わうのは僕だからな。ただ、どんな男にも発情する牝猫には躾が必要だね。」 そんなんじゃありません・・・だれにでも・・・発情なんて・・・ひどい。
「あ・・はぁん・・だめ・・あぁぁ・・ゆるして・・」 動きを止めたと言っても・・・奥まで押し入れたままで腰を回す様にしてわたくしが一番感じやすい最奥をぐりぐりと・・・捏ねることは止めてはくださらないのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
わたくしは高梨さんの前では
どうしてもM性を引き出されてしまうようなのです。
露出することの淫らな感覚をわたくしに教えたのはこの方なのですから。
今回も・・・こんなこと。
心は羞恥に悶えても、身体ははしたなく反応してしまうんです。
6月7日 7:50
祥子 2006/08/28(Mon)16:55:39 編集
祥子様
桜草も「躾が必要だね」ってよく言われるんですよ。

そのたびに蜜壷から愛液が出てくるんですよ。
本当にイケナイ牝猫です・・・・・

祥子様の蜜壷からも淫らな香りのする液がしたたり落ちているのでしょうね

こうやって愛される事もまた嬉しいものではありませんか?
6月7日 0:42
桜草 2006/08/28(Mon)16:55:16 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]