忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
28 2017 / 04
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

02 2006 / 06
「はぁぁ・・・ぁうん・・・」 くちゅ・・くちょ・・・ 一度上り詰めた身体は、遠くから不特定多数の方に視姦されているという高梨さんの責めの言葉に新たな蜜をとめどなく湧き立たせていたのです。
「だめ・・・ぁぁ・・・・・」 ちゅくぅ・・ちゅぅ・・・ 中指が真珠を撫で下ろし・・・慎ましやかな花びらを撫でる時には・・後を追う人差し指が疼きを溜めた真珠の側面を指先で辿るのです。
「あっ・・・ぁはぁぁ・・ん・・・」 ちゅぷぅ・・くちゅぅ・・ 中指と人差し指が共に花びらを嬲ると・・そのまままた真珠へと戻されて・・
その動きを繰り返してゆくのです。
 
「祥子はそんな風にしてオナニーをするのか。恥ずかしいね。ああ 手のひらまでぐっちょりさせて。」
「あぁ・・いわない・・で・・ぇ・・」 高梨さんの羞恥を煽る言葉が・・・わたくしをいたたまれなくさせます。動いていた指を引いてしまいそうになります。
「だめだ。もっと激しくしてみせろ。女として一番恥ずかしい、誰にも見せることのないオナニー姿を何人もの男の視線に晒して、逝くんだ!祥子。」 先ほどより弱くなったとはいえ、吹き付ける風に乾いてゆこうとする太ももの湿りは・・新たな潤みが・・淫らさを忘れる事など許さないと言わんがばかりに覆ってゆくのです。
「ゆる・・してぇ・・・あぁ・・やぁぁぁ」 茂みごしに丘を押さえている右手は溢れ出る蜜に滑り・・・ぬめり・・もう開きつづけることも難しくなっておりました。
「はぁぁ・・・ぁ・だめぇぇ・・・」 滑る右手はわたくしは無意識のうちにそのまま右の乳房へと・・敏感な先端へと引き寄せられていったのです。
「そうか。その巨乳を弄らないといけないのか、祥子は。なんて淫乱な身体をしてるんだ。もっとはげしく!! 逝け!!祥子。」
「ああぁぁぁぁあ・・・」 ガチャ・・ガチャ・・・ わたくしは高梨さんと彼方の展望台からの視線に犯されながら・・・逝ってしまったのです。
 
「8分だね、祥子。」
高梨さんはテーブルに身を預けぐったりとしているわたくしに背後から近寄ると、肩越しにスリップのストラップを元通りになおすのです。と、同時に深い声が冷酷にわたくしが逝くまでの時間を告げたのです。
「・・・は・・ぁ・・ぁぁ・」
身体からはまだ快感の余韻は引かず・・・わたくしの意識は戻り切ってはおりませんでした。
「5分の約束だろう。お仕置きをしないとな。」 まだ、スリップの下で昂ったままの左の乳首を捏ね回しながら、右手は先ほどはだけてしまったスリップの裾を治しているのです。
遠くからいまの光景だけをご覧になった方からは、わたくしのはしたない行ないを嗜める優しい恋人のように映っていることでしょう。この耳元の言葉が届かないのですから・・・
「いやぁっ・・・」 オーガンジー越しにGカップの中央で堅くしこった先端に爪を立てられて、わたくしは高梨さんの言葉の意味を思い出したのです。
・・・お仕置き。いま、彼が嬲っている場所に付けられてしまうピアス。
「そうだ、お仕置きだ」 高梨さんの腕と手には・・恐怖に堅くなったわたくしの身体が感じられたのでしょう。自分自身の欲情した身体の状態を言葉にすることすら拒んだわたくしが・・・誰に見られているかも解らない場所で、昼日中から自慰行為を・・・それも2度も達するまでし続けたのです。どれだけ、怯えているかをはっきりと解ってくださったのだと思います。
「おねがい・・ゆるして・・・」 振り返るわたくしの睫毛には、淫楽と恐怖に浮かんだ涙が光っておりました。
「そんなにピアスはいやなのか?祥子は」 わたくしは、こくん・・と一つ頷きました。
「ピアス以外のことなら、どんなお仕置きでも従うか?」 Gカップの乳房をいらい続ける高梨さんの左手にキスを一つすると・・・また一つ頷いたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
桜草様
桜草様のご主人様も厳しい方でらっしゃるようですね。
そして、とても桜草様を愛していらっしゃる方。
うらやましいですわ。

「お仕置き」は魔法の言葉ですね。
決して・・・いけなくはないですわ。素敵です。
6月3日 17:39
祥子 2006/08/28(Mon)16:52:42 編集
祥子様
祥子様 お久しぶりです。 
忙しい日々ですが、毎日訪問させていただいております。

乳首へのピアス・・・桜草も「つけるよ」って言われてるんです。
高梨様の奥に桜草の愛する方を見てるようです。

お仕置きって言葉・・・怖いですが感じるんです。

いけない女かしら・・・・


6月2日 23:55
桜草 2006/08/28(Mon)16:52:20 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]