忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
27 2017 / 06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

28 2006 / 05
この部屋の正面には、あの美術館のあるビルだけしか高層の建物はありません。ただし、左右にはほとんど同じつくりの高さも似たビルがそれぞれ微妙な角度で一定の距離を置いて並んでおりました。
16階といえば、先ほど歩いてきた通りにいらっしゃる方が見上げても、たぶん見つけられる事はないでしょう。
でも、美術館のあるビルの展望スペースにある双眼鏡や・・・となりのビルの上下3フロアほどの方は・・・その気になれば、わたくしたちの痴態をごらんになることが出来るのです。
それも闇に紛れて、などではないのです。
双眼鏡で覗かれたなら、くっきりとわたくしの白い肌のラインや、快感から逃れようとふり乱れる黒髪の一筋まで・・・わかってしまうような白昼のベランダで・・なのですから。
見られてしまうかもしれない。その緊張感はわたくしを一層敏感にしたのです。
 
「あん・・だめ・・・」 スリップのレースの下に忍ばせた高梨さんの指が・・・白いGカップの乳房の先端をいらう動きににわたくしは堪え切れずに喘ぎの混じった声を出してしまいました。
「そんな声を出したら、隣の部屋の人に聞かれてしまうよ。祥子」
「・・・ぁっ・・」 確かに高層のフロアでは生活音が流れ込んでこない代わりに、周囲の・・・例えば隣家の物音が・・・良く聞こえてしまうという傾向があります。先ほど破廉恥な姿で通り過ぎたいくつかのドアが開く事はありませんでしたが、あの部屋にどなたかがいらっしゃれば・・・ベランダ越しにわたくしのはしたない声を聞かれてしまうかもしれないのです。

「こっちを向きなさい。祥子の愛液まみれの唇にキスをするんだ。」 エレベーターの中でわたくしの茂みの奥を容赦なく貪った唇は、べったりと塗り込められたはしたない蜜を、一度も拭われることも舐めとられることもなく吹く風に乾きかけていました。
「ん・・んぁ・・」 なのに唇を重ねた途端、噎せ返るほどの女の匂いが・・・わたくしの口中に蘇ったのです。
今日何度目のキスになるのでしょうか。
両の乳房を高梨さんの大きな手で乱暴に揉みしだかれ・・・先端を捏ね回されながら絡み付く舌と唇は、わたくしの鎮まりかけた淫欲の漣をもう一度大きく掻き立ててゆくのです。
「・・・ん・んん・・・ぅ・・」 吹く風に冷やされてゆくわたくしの身体とは反対に、被いかぶさった高梨さんの身体も、わたくしのまぁるく白いヒップのラインにスリップごしに押し付けられる昂りも、燠火を飲み込んだ様に熱を増してゆきます。
「・・んぁ・・・はぁ・ぁぁ・・んく」 春の風は、幾度もの快感の果てに溢れ返る蜜と、高梨さんの唾液がふとともをわたくしがどうしようもないほどに<淫らな女>だと責めるように冷たくしてゆきました。
なのに・・・柔らかなふくらみに守られた花びらは、身芯からの熱い蜜をどんどんと蓄えているのです。
「はぁぅ・・・」 振り向き様に重ねられていた高梨さんの唇からわたくしの恥ずかしい女の香りが消えたころ、彼の右手はスリップの前裾をそろそろと引き上げていたのです。
 
「祥子 スリップとガーターだけでベランダに出て、男にセックスを強請っているはしたない姿を見られているんだよ」
「いゃぁ・・・」 言葉と同時に茂みを分け入った中指をつたって・・・太ももに新たな蜜がとろぉ・・りと流れ落ちていったのです。
「おねがい、もうお部屋の中に・・・いれて」
「何を言ってるんだい。こんなに溢れさせて。」
「いやぁっ・・・おねが・・い・・」 彼の一言に・・わたくしは抗いを止めることが出来なくなってしまったのです。見られるかもしれない・・・じゃなくて、既に見ている人がいる、なんて。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]