忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03 2006 / 06
「おねがい・・・ゆるして・・・」 
繰り返されるわたくしの哀願に、鷹揚に頷き返すと高梨さんは首輪からリードを外し柵から革の持ち手を取られたのです。
そして・・・改めて首輪の留め具にリードを繋ぐと・・・こう仰ったのです。
「祥子。まさかそのテーブルを汚したりはしてないだろうね。」
「やぁ・・っ・・・」 1人で立ったままでは居られなくて、腰を浅く預けていたガーデンテーブルの事など考えもしなかったのです。
「立ちなさい。」 リードを強く引かれ、わたくしは預けていた腰を上げざるをえませんでした。
「ああ こんなにして。」 高梨さんの声で振り返ったわたくしは・・・はしたなさに思わずガーデンテーブルから視線を反らしてしまったのです。腰を下ろしていた場所には・・・わたくしの太ももと腰の内側のラインの形にくっきりと・・・淫らな潤みが残っていたからです。
「ゆったりと煙草と夜景を楽しむためのテーブルに、祥子のフェロモンをこんなに塗り付けて。」 顔を反らせるんじゃない・・・という代わりにリードを引くのです。
「1人になった僕を苦しめるつもりなのか?」
「ちがい・・ます・・」
「祥子、言葉遣いがなってないね。どうなんだ、そのつもりなのか?」
「いい・え・・ちがいます・・ごしゅじんさま」 わたくしはその一言で・・・また高梨さんの声の呪縛に囚われてしまったのです。この方は、いつもこうしてわたくしを理性のレベルでも・・・従わせるのです。
 
「そうか。仕方がない、これは自分で綺麗にするんだな。」
「・・・はい。バッグを・・取りに行かせてください。」 高梨さんの仰るとおりです。わたくしは桜のバッグの中の自分のハンカチを取りに行こうと思ったのです。
「どうしてバッグがいるんだい?」
「あの・・・わたくしのハンカチできれいに」
「何を言っているんだ。祥子がその口で舐めて綺麗にするに決まっているだろう。」
「・・・ゃぁ・・なにを・・」 わたくしが流した蜜を・・・わたくしの口唇で舐め・・拭うなんて・・・なんてことをさせるおつもりでしょう。
「祥子は僕の言う事を聞くと言ったね。さぁ、言う通りにするんだ」 三度リードを引くとわたくしの顔を・・上半身をテーブルの上に伏せさせようといたします。
「腰を落とすんじゃない!」 テーブルの側に跪こうとしたわたくしの腰をしたたかに叩くのです。
「・・ぁぁ・・・」 高梨さんの手で後から腰を引き立てられ、両脚はバックストラップパンプスの隙間に押し入れられた彼の足で、肩幅ほどに左右に割り開かれたのです。
このベランダで最初に高梨さんに要求された姿を・・・とうとう取らせられてしまいました。それも・・・自らの手で2度も逝き果てた・・・淫らな花びらを晒す羞恥とともに。
「さぁ、きれいにするんだ、祥子。君の白濁した愛液に濡れたテーブルをね。綺麗になるまで許さないよ。このままの、はしたない姿を向こうから覗いている男達に晒しつづけるんだな。」 両手を着いた間に、わたくしの頭を逃れないように押さえつけてそう仰るのです。
「・・・はい」 わたくしは舌を伸ばし・・・テーブルの表面を光らせている粘液を掬い取ったのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]