忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
22 2017 / 08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

04 2006 / 06
ほんの少しの酸味と・・塩気のある・・・淫らな香りがわたくしの口腔に広がります。同じものでも・・・男性の塊で犯されたあとをお清めするのとは違いました。液体の純度が高いだけ・・・この行為は強くわたくしの心を貶めていったのです。
ちゅるぅ・・・ わたくしの舌と唇がテーブルの表面を這うのを見届けた高梨さんはリードを手にしたままで、わたくしの背後に回られたのです。
ベランダの柵側ではなく、室内へと開け放ったドア側に立たれるとわたくしのスリップをヒップの頂きが丸見えになるほどに、捲り上げられたのです。
「いゃぁ・・」
「綺麗にするまで休むんじゃない、祥子。」 その声に、わたくしは抗議の声を押さえ込まれてしまったのです。わたくしがいま晒している姿がどれほどあの美術館のビルから淫らに見えるのか・・・と、戸惑いを隠せないまま・・・。
 
ちゅく・・・ 「ぁん・・」 わたくしのむき出しのヒップに・・・高梨さんの手のひらではない・・感触が這っていったのです。
「止めるんじゃない。そのまま続けているんだ。」 ヒュッ・・パシィ・・・
「ひぃっ・・・」 わたくしのヒップを這っていたあの感触は・・・革の房鞭だったのです。予告もない鞭打ちの痛みに、わたくしは背を反らせ・・・軽く悲鳴を上げてしまったのです。
「止めるなと言っているのが聞こえないのか、祥子。これは先ほど5分で逝けなかった分のお仕置きだよ。祥子が僕の命令に逆らって余計に快楽を貪っていたのと同じ時間だけ鞭の痛みを与えてあげよう。3分間だ。」 そう口にする間も、房鞭の革の感触が白くて薄いヒップのラインを撫でてゆきます。
年末に共に過ごした時には・・・鞭の類いはこの部屋にありませんでした。
もしかしたらこの鞭も・・・いまのわたくしの視界では見えませんが・・今回の海外からのお土産の一つなのかもしれません。
「ちがう・・わ」 余計に・・・貪っていたなんて・・・ひどい
「口答えをするのか」 ヒュッ・・・パシィ・・・ 今度は予告もなく打ち下ろされました。そしてそのままわたくしの腰を・・・鞭の革が撫でているのです。
「まだ綺麗になってないだろ」 ヒュッ・・パシィ・・・パシッ・・ 立て続けの打擲はわたくしの腰の頂を桜の花びらよりも赤く染めるに充分なだけの痛みを与えます。そしてまた気まぐれに革の愛撫を続けるのです。
「ひぃ・・ぃたぁぁ・・ぃ・・」 ヒュッ・・パシィ・・・ 次の打擲は太ももでした。何度も打たれた腰と違って、新たな鋭い痛みがわたくしの身体の芯に響いたのです。
 
これでしたら、立て続けてリズミカルに打たれるほうが余程痛みに慣れる分よかったかもしれません。それに力が分散する房鞭とはいっても・・・1本1本の与える痛みが・・・鋭いのです。細くて・強く・しなやかな革なのでしょう。
「まだ、綺麗にできないのか、祥子」 ヒュッ・・パシィ・パシィ・・パシッ・・・ 腰の頂きを撫でさすっていた鞭は、今度はスリップに覆われた背に打ち下ろされたのです。
「ひぃぃ・・ぃぃぃ・・・」 ほとんど・・わたくしがはしたなく濡らした蜜は清め終わっておりましたが、立て続けに襲う鞭の痛みに・・ガーデンテーブルに縋る様にして耐えるしかなかったのです。
「答えはどうした、祥子」 ヒュッ・・パシッ・・パシィ・・パシッ・・・
「おわり・・まし・・たぁ・・」 ヒュッ・・パシッ・・
「ごしゅじん・・さ・まぁぁぁ・・・」 ヒュッ・・パシィ・・・
「これで3分だな。綺麗になったか、祥子」 高梨さんは左手にリードを、右手に鞭を持ったままわたくしの前に回られたのです。
「きれいになったみたいだな。自分の愛液を舐めた気分はどうだ?」 くぃ 上体をガーデンテーブルに伏せたまま痛みに腰を落としていたわたくしの首輪のリードを引くのです。
「ひぃっ・・」 ュッ・・パシ・・ 立ち上がったわたくしの乳房に一閃、手にした鞭を走らせたのです。
「腰を落としていいとは言ってないぞ。姿勢を崩したお仕置きだ。」 カタっ・・・ そう仰ると、手にされていた鞭をフォレストグリーンのガーデンテーブルに置かれたのです。
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
HAIREI様
高梨さんのファンなのに
そんな風におっしゃるんですか?(笑)
でも、みちゃだめです。
わたくしの恥ずかしい姿なんて・・・
それに見られたら・・また・・・絵にされてしまいそう

なんて・・・もう描かれてしまっていたりして・・・
6月5日 8:30
祥子 2006/08/28(Mon)16:54:41 編集
無題
高梨さんめ‥…美味しい所をどんどん持っていくなぁw
読んでて‥軽ぅ~く、嫉妬が噴出しそうだったよ?

しかし…祥子さんが一人で逝くのを
俺もこの眼で見たかったね……

6月5日 0:26
HAIREI 2006/08/28(Mon)16:54:14 編集
桜草様
なぜか・・・不思議なのです。
高梨さんのあの声に命じられると素直にお応えしてしまうのです。
そして「ごしゅじんさま」という呼び名を口にしてしまう。
それは美術館での出会いの時からですわね。

痛みの奥の快感・・・それは桜草様と同じです、きっと。
6月4日 12:06
祥子 2006/08/28(Mon)16:53:51 編集
祥子様
ご自分の愛液をお舐めになるご気分はどんなものでしょう
それも鞭のお仕置きまで・・・・・

「ご主人様」と呼ばなければならない・・・
リードを持たれるとそうお呼びしないといけない雰囲気になりますよね

今回のお話・・・桜草そのものを見ているかのようでドキドキです
祥子様 痛みの奥に快感はありませんか?
6月4日 8:37
桜草 2006/08/28(Mon)16:53:31 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]