忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手枷の留め具が解かれたのは わたくしの唇に塗られた淫らな愛液の香りを男性がキスで全て貪った後でした
「革の手枷にしておいて正解だな 手錠なら一週間は痕が消えないところだ」 手首からバックルに止められた枷をはずし革の上下で擦れて紅くなった痕を優しく愛撫します
中庭から最初の窓を通り過ぎた先の部屋のベッドの上でした
「祥子が強情だからだぞ 素直に声を出せばいいんだ」 わたくしは黒のレースのガーターベルトとバックシームのストッキングだけの姿のままでした
「ぃや・・・」 淫らさを前面に出さない男性に両手を委ねて甘えるように首を横に振ります
「あんなに何度もいって疲れただろう ふふ 背中もまるで何度も鞭打たれたように真っ赤にして」 樹皮のままの柱は男性の与える快感に打ち震えるたびに 白く薄い背と腰の皮膚をそのささくれで擦っていたのでした
「・・・はぁう」 男性の指がわたくしの背の赤い痕を つっ・・・となぞるのです
「こんなに敏感なくせにあんなになるまで我慢するからだよ 祥子」 今度は横座りした右脚の内股を撫でおろすのです
「・・・ぁん・・」 撫でていたしなやかな髪を指に絡めると・・・強く引き・・また唇を重ねるのです
「ふふ フェロモンのルージュのキスもいいが祥子の甘い唾液のほうがそそるな 疲れただろう 少し休むといい」 男性の手は優しく ベッドカバーの上にわたくしの身体を横たえました

 
一夜のうちにこんなに何度も集中して達したのは初めてでした
男性から視姦されることもなく1人にされた僅かな時間 わたくしは微かな火照りと疲労感から夢と現の間を彷徨っておりました
「祥子・・・」 いつの間に意識を失っていたのでしょうか わたくしは男性の声で目覚めました
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]