忍者ブログ
祥子の少しはしたなくていけない妄想を綴りました 大人の方だけご覧になってください
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
お越し下さった皆様へ
こちらのブログは、2005年8月24日にスタートした、<msn淑やかな彩>の継続ブログとなります。 msn時代からのお客様も、またFC2、shinobiからのお客様も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
誠に恐縮ではございますが、商業サイト・コメントのないTBなどは削除させていただくことがございます。どうかご容赦くださいませ。 また、こちらに掲載されている記事の著作権は、わたくしにございます。無断転載など、著作権を侵害する行為はお慎みいただきますようお願い申し上げます。
最新コメント
(04/30)
(03/13)
(03/13)
(04/10)
(04/08)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
祥子
年齢:
54
性別:
女性
誕生日:
1962/12/28
職業:
フリーデザイナー
趣味:
美味しい珈琲 クラシックの流れるお気に入りの喫茶店 読書 ジャズ ミュージカル お酒 声が魅力的で背の高い男性♪
自己紹介:
寂しがりやの甘えたです。
ぽちゃ、色白、黒髪のストレートロングヘア、お胸はGカップ、眼鏡をしています。真面目そうな感じだって良く言われます。
声は美人かも♪
バーコード
ブログ内検索
25 2017 / 07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「んっ・・・」 シャキ・ン・・・ 鋏の感触を冷たいと思う間もなくTバックの右のウエストが切られていました
「祥子が強情だからせっかくのプレゼントがこんなになってしまったよ」 シャキン・・左のウエストも・・・中途半端に膝を割られた姿勢は 繊細なレースの花びらに接していた部分を晒して・・・わたくしの腰から垂れ下がっておりました
「どれ」 手を伸ばし黒いレースを引くのです
「ふふふ こんなに濡らして いけないね 祥子は」 クロッチの部分に・・・やはりあの夜のように・・・フランス料理のソースを味わう様に舌を這わせるのです
「んん・・・」 やめてください と叫びたいほどに辱められているのです でもわたくしは声を上げる事ができません
「今夜のように何度もいったあとの愛液はまるでクリームソースのようにまったりと香しいよ 祥子」 わたくしの膝をもう少し開かせて両脚を割り込ませると男性は足元に膝をつきました
「んん・・ん」 脚を閉じることができないだけでなく腰を引かれ・・・上半身を柱にもたれかけさせないとならないほどに不安定な姿勢を強いられたのです
「ここは 細筆だね」 ちゅぅるん・・・わたくしの柔らかな狭間を左手で開くと濡れ光る真珠の上を細筆でなぞります
「・・っあぁぁ・ぁっ・・・」 細く・ほんのかすかな接点で柔らかな毛先が敏感な珠を刺激するのです
「ひと撫ででこんなに蜜を含んだよ」 濡れそぼった筆先を乳首に這わせます
「・・・んくっ・・」 わたくし自身の愛液を塗りたくられるはしたなさがわたくしをいたたまれなくするのです
PR
■ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
絵文字Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
筆責めを楽しんでいる祥子だけど、そろそろもっと激しい責めが欲しくなってるんじゃないのかな?
ガーターと黒のストッキングだけの姿にされ、大きくなった真珠を細筆で撫でられても、まだ声を出すのを我慢してるのかネ。
大きなあえぎ声をだしたら、希望通りに激しい責めをしてもらえるんだよ 祥子。
でも、ガマンしながら悦んでる祥子の姿がまたいい眺めだよ。
 かず
11月17日 19:08
かず 2006/08/16(Wed)14:53:32 編集
かず様・柏木様・HAI様
皆様 いつもコメントをくださってありがとうございます

かず様
わたくしは激しい責めなど望んではおりませんわ
そんなはしたないこと・・・誤解なさったらいやです

柏木様
あんなに高級で繊細なランジェリーに
ためらいもなく鋏を入れてしまわれるとは
思ってもおりませんでした
いまはもうガーターストッキングの足元に
だだの布切れとして散らされているだけです

HAI様
おっしゃる通りでございます
裁ちバサミなのだと思うんです
繊細なランジェリーを引きちぎるのではなく
普通に脱がせてゆくのでもなく
鋏で断ち切るその行為に
無言の男性の想いを感じざるをえなかったのです
11月18日 7:37
祥子 URL 2006/08/16(Wed)14:48:50 編集
無題
純粋な鉄の音がこんなにも
心地よいとは…よい鋏ですな。
それを扱う彼の腕もまた、見事。
だらだらと刃を入れたなら、
このような音は…生み出されないでしょうから。
11月18日 0:47
へっぽこゲーマーHAI 2006/08/16(Wed)14:47:47 編集
無題
随所にひびく鋏の音に、妙に官能を刺激されます。
ひとつ音がするたびに、豊麗な肢体が大胆にあらわになってゆく想像のせいでしょうか?
11月17日 23:00
柏木 2006/08/16(Wed)14:46:59 編集
■ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ × [PR]